KICHIGEN-cafe 店主        ヒトリグミ の独り言日記


by kichigen-cafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


b0117833_22394328.jpg
Rolleicord4 伊勢神宮


奥サンが映画を観に行くっていうんで

仕事の帰り レイトショーで一緒に行って来た

そんなに興味がある映画ぢゃなかったけど

映画は 富士山でも歌ったアレ

・・・

めっちゃおもしろかった(笑)

オススメしとく!


いや~さすがはポニョ!

違った。さすがは宮崎駿監督!www
[PR]
by kichigen-cafe | 2008-07-27 22:42 | つぶやいて行こー♪

まずは無事に帰ってきたことを、皆様にご報告します!
滑落して擦りむいちゃうことも、落雷でビリリときちゃうこともなく、
無事に帰ってまいりました!


せっかくですので、【リベンジ富士山】の結果報告をさせて頂こうと思いますm(__)m
めちゃ長いんですけど、しばらくお付き合い下さいませ。

文章を書くのがやっぱり下手で、読んでてしんどくなるかと思います。
嫌だったら読み飛ばしても構いませんから、写真だけでも見てやって下さいm(__)m






昨年、天候不良で痛い思いをしているワタシと職場の先輩・・・
なので、今回は、昨年と同じ思いは御免だ!と、天気の良い日時を選びに選んでました。

とは言いつつも、さすがに仕事があるために、早々無茶なことは出来ない・・・

で、17日木曜日の夕方

ワタシ「いつ出発しましょ?」
先輩 「タイミングが大事やからな~」

東海地方の天気予報、夏山天気予報など、あらゆる情報と向き合った上で
近付いてくる台風7号、18日金曜日は曇一時雨ってところに不安を覚えつつも、
19日土曜日の天気が晴れってところに注目!

ここで、ある一案が浮かぶ!

18日昼から登山を開始して、八合目あたりで宿泊し、
19日の早朝、頂上でご来光を見よう!

先 輩「よし!この案で行く!今晩出るぞ!」
ワタシ「オッケーっす!」

ってな具合に決まったわけですな。
ま、はっきり言いまして、行ってから勝負!ってことでした。

奥サンにもその旨をメールで伝えて、17日木曜日は早々に帰宅。
晩御飯を食べて風呂に入り、登山の準備を済ませたら、
仮眠仮眠・・・

多少はウトウト出来たものの、
そんなに簡単には眠ることが出来ず・・・

17日24時半、ついにいざ出発のとき!!!

先輩を迎えに行って、車一台で一気に関西から静岡県富士を目指す!
関西は既に曇り空・・・静岡に近付けば近付くほどに曇り空は酷くなり
富士に着く頃には、 でした・・・

あぁ神様!リベンジはさせてくれないのか!?
あぁ富士山よ!何故登らせてくれないんだ!?

b0117833_2233568.jpg


酷い雨と濃霧であったために、18日昼からの登山は苦渋の断念・・・(>_<)

情報収集のために御殿場市のとあるインターネットカフェで
さらに情報収集をすれば、夕方からは一気に雲が流れて
晴れてくる模様・・・こうなれば19日のご来光を見ることが出来る!!!

こうなったら、もう仕方がない!

18日夕方からの夜間登山に切り替え!
まったく登山ド素人のような我々が、夜間登山とは無謀と知りつつも
やるっきゃない!そう思ってました。

18日夕方、御殿場市から再び富士山御殿場口登山ルート、
五合目駐車場に着いてから、早めの晩御飯を食べて(コンビニ弁当w)
準備を始めるも、なかなか雨は降り止まず・・・

これではさすがに夜間登山は・・・

そう思っていると、ピタッと雨は止んで静まり、
雲は大きく流れ始めて、今までまったく見えなかった富士山が
見る見るうちに姿を現す・・・

b0117833_22334473.jpg

「登っても良かろう」

誰かにそう言われた気すらしたものでした。

こうして出発したのでした・・・


***********************************************************

富士山に登るため、いくつかの登山ルートがあります。
ワタシらは、今回御殿場口登山ルートを選びました。
このルート、標高は他のルートから比べればかなり低いものの
(低いってことは、当然登る距離が長くなるってことですね。)
その分、標高には慣れやすく、高山病になりにくい。

前回短距離ルートである「富士宮口登山ルート」を選んだために
標高約2,400メートルからの出発となり
高山病に悩まされたのです。

なので、今回は
標高約1,440メートルの「御殿場口ルート」を選んだわけですが・・・

***********************************************************




**********【富士山御殿場口登山ルート 新五合目~七合五勺】**********

最初のうちはそりゃもう順調!
夜間登山だったので、道に迷ってしまわないか、それを心配していたんですが
そういう心配もそんなにはなく、ゆっくりゆっくり登って行きます!

途中、雲より高い標高となったときに、美しい満月と遭遇すると、
懐中電灯なんて不要なぐらいに明るい!
こんな月明かりで、昔の人が読書をしたりしていたのが
本当によく理解できるよ!っていうくらいにホントに明るい!

月が明るい分、当然星の輝きは失われてしまったものの、
それでも満点の星空!(残念ながら天の川は見えず・・・)

↓ 月と雲海 (NO PC処理)
b0117833_2234726.jpg

↓ 富士山の頂上と北斗七星 (NO PC処理)
b0117833_2234562.jpg


こりゃある意味、極上の登山ではないかね?
そんなことを思いながら、どんどん登っていく我ら・・・




が・・・




数時間もしてくると、この御殿場口ルートの恐ろしさを知ることになる。
比較的健脚の方向きのルートだと、それは知っていた。
週末でも、そんなに人が多くなくて、登りやすいルートだってことも知っていた。

うん。
そりゃそうだろう。

めちゃくちゃ登山道が長い!長過ぎるやん!!
いつになったら着くんよ?
健脚向き?ハァ?これって、プロ用じゃねぇの!?
意味わからーん(>_<)


って泣きそうになってました。

予定では、19日午前3時頃(18日27時)には頂上に着くだろうと考えていたものの
そんなの、とんでもない!!!

登れど登れど、先は近付いて来る気配もなく、
脚はクタクタになってきて、どんどん寒くもなってくる。
無論、防寒のための準備は万端だったため、
そんなものはどうってことはないものの、
頂上が遠いのは、やっぱりキツイ・・・(>_<)

御殿場口登山ルートの出発地点である駐車場は、
新五合目と言いながら、実際は二合目・・・
しかも、その新五合目から七合五勺までの間、
一切の山小屋は無く、休憩が取りにくい・・・

そう、いわば新五合目と呼ばれる二合目から七合五勺まで、
ひたすら歩かねばならんのだ!
もちろん、途中途中で休憩を挟むもの、やっぱりキツイ(>_<)




頂上予定だった19日午前3時を過ぎても頂上には着かず、
それどころか、七合五勺にも着かないって始末・・・

お前らが遅すぎる(ゆっくり歩きすぎる)んでねーの?

そう言われてしまえばそれまでだけど、とにかく過酷・・・
ヒーヒー言いながら登ってました。

**********【富士山御殿場口登山ルート 七合五勺 ご来光】**********

予定を大きく過ぎてしまい、疲労困憊の中、
ようやく19日午前3時半、七合五勺「砂走館」に到着・・・
先輩共々、思わず着いた~って座り込んでしまいました(^^ゞ

ご来光が見えるのは、午前4時半ぐらいなので、
まだ登れないことはないものの、
疲労回復が先ってことで、ここで少しの間休憩を取りつつ、
ご来光が登り始めるそのときまで、ここで待つことにしました。




ゆっくりと天上の空が明るくなり
太陽に照らされ始めた東の空は オレンジに輝き始める・・・
月は西の空の隅っこで 自分の役目を終えようとする・・・
太陽と月が 共に光を帯びながら混在する 不思議な瞬間だ・・・

↓ オレンジ色の東の空 (NO PC処理)
b0117833_22365942.jpg

↓ 西の空の端っこに 月明かり (NO PC処理)
b0117833_2237382.jpg



雲は 高貴な龍のように流れ そしてたなびく・・・
雲海は その上を歩けるがごとく しっかりとしていて また美しい
↓ 雲海 (NO PC処理)
b0117833_22391969.jpg


感動の瞬間だ 
このためだけに必死になって登ったのだと 言い切っても良かった


ゆっくりとした時間の中で ご来光は我らを強く照らした・・・
思わずカメラを落としそうになりながら
無意識の中で シャッターを押す前に 手を合わせた・・・

ただただ想う・・・

ワタシの家族、ご先祖様、友人、ワタシの全てに関係する方々、
むろん、実際には出会ってはいない皆様方も、
これら全ての命を 今こうして生かして頂けている事に 感謝致します・・・

泣きそうにもなるような そんな感動の瞬間でした。
この瞬間は、カメラには収めきれるものではなく、
このとき この瞬間 ここに居なければ 想うことが出来ないものだと
確信しました。


ただただひたすらに 感謝でした・・・


ハッと気がついて、シャッターを押しまくり撮ってきました!

↓ 平成20年7月19日ご来光(富士山御殿場口七合五勺にて) (NO PC処理)
b0117833_2240653.jpg


**********【富士山御殿場口登山ルート 七合五勺~頂上】**********


七合五勺の山小屋「砂走館」で豚汁を食べて暖まったら
ここからが先輩と相談!

ワタシ「さて、どーします?目的だったご来光、見れましたけど?」
先 輩「せやな。うーん・・・」
ワタシ「脚・・・正直キツイですよね?でも頂上は見えてますよね?」
先 輩「脚キツイけど、行ける所まで登っとく?」

ってことで、19日午前6時半、再び登山開始!


ここからはもう標高が3,000メートルを超えてくるため、
先輩とワタシの登るペースが違ってくる!

なので、別々に登ることに。

と言うのも、三半規管の弱いワタシは、やはり高山病の症状が
少しずつながら出始めていたのだ・・・
これでは先輩の足手まといになりかねない。

なので、別々に登山を開始!

七合五勺から頂上まで、時間にすれば2時間半だと言う。
それなら余計に1時間をみても、3時間半で到着可能だろう!
そう思って登ってみれば、そんなに簡単にはやっぱりいかない!

空気は希薄になってきて、深呼吸をしながら登山しているようなもの。
これはやっぱりキツイ!
昨年、3,300メートル地点までは登っているからわかっているものの
やっぱりキツイもんはキツイ(>_<)

3,300メートルを超えて未知の標高へ・・・
時間はかかってしまうけど、一歩また一歩、確実に頂上に・・・

「ここまで来て、諦められるかっ」

そんな想いだけで、高山病特有の頭痛と闘いながら
必死に、気合と根性だけで登りに登った・・・



登山途中、頂上から下山してくる、見知らぬ男性に

「大丈夫?脚を痛めてるんですか?」と声をかけてもらった際には
「いえ、高山病で頭が痛くって・・・」と返答すると

「あぁ・・・僕が持ってる酸素缶、あげますよ」と。
「そんなそんな、とんでもないっ!」と言えば

「僕が持ってても、家に帰ってゴミになるだけだし。これで頭痛も少しは良くなるから」
と、ワタシの手に持たせてくれるのだった・・・
ワタシは思わずこみ上げて来る涙を堪えながら、

「ありがとうございます。遠慮なく頂戴します」とお辞儀をしたら
「頑張って下さいね!」と声を掛けて下って行かれました・・・



山の出会いは優しいもので、登る人、下る人、それぞれが声を掛ける。

「こんにちは」「気をつけて」「頑張ってくださいね」「あと少しですから」などなど。

きっと街ですれ違っても、こんなことはないのだろうけど、
山は誰しもをそういう風にさせるのだ。
人の温かさを知るというものだ。


そうした助けもありながら、高山病の具合は少し良くなり
ただゆっくりと登る・・・

それでもやっぱり富士山は日本一の高さを誇る!
3,776メートルは伊達じゃない!

登れば登るほどに高山病復活の兆し・・・頭痛が痛い・・・ワタシも痛い(>_<)

テレビで流れていた耳についてた曲を歌って、この痛さを誤魔化そう!

ポーニョ♪ポーニョ♪ポニョ♪魚の子♪~

チクショー!オレ意味わからんっ!(>_<)


って、そんなバカを一人でやりながらも、
高山病でフラフラのまま、やっとやっとやーっと、頂上到着したぞー!!!
バンザーイ!バンザーイ!バンバンザーイ!!

頂上に着くと、誰しも歓喜しこの場所に自分の足で辿り着き、
この場所に立っていることを喜ぶ!
この感動こそ、これまでの苦労を忘れさせるものだっ!




が・・・




残念なことに、ワタシは昨年以上の高山病(笑)
このときは、マジ笑ってられなくって、座り込んで仮眠をしてみたものの、
強烈な吐き気に襲われ・・・(でも吐いてませんよ)

もちろん、頂上を満喫すべく、色々あるんだけど、
(お鉢巡りとか富士山頂上郵便局とか、浅間神社奥宮とか)
とてもカメラなんて持っていられない!(>_<)
思考能力ゼロだし!

それでも、辛うじて、気合と根性で富士山火口だけを撮影(>_<)
↓ 富士山 火口 (NO PC処理)
b0117833_22414966.jpg


で、あとは御朱印帳を持って登っていたので、
浅間神社奥宮で、御朱印だけは頂戴しました(^^♪


**********【富士山御殿場口登山ルート 下山】**********


頂上で先輩と合流すれば、先輩は先輩で脚を痛めていて、
左膝を曲げられないから、ゆっくりでしか下山出来ない(>_<)
ワタシはワタシで、高山病で早く下山したい!(>_<)

ってことで、仕方なく別々で下山することに。

下山は膝と脹脛(ふくらはぎ)にかなりの負担を強いるため
結構キツイものなのだ。

なのに・・・やっぱり下山も長い・・・ムキー(>_<)
下山しても下山しても、まーったく着かない(>_<)


霧で2メートル前も見えない中を ただただひたすらに下山・・・
途中、「下山道、間違って下りちゃってるんでね?」なんて不安になりつつ
仕方が無いからどんどん下りる・・・

不安と疲労と頭痛の中、数時間後にようやく愛車のある駐車場に・・・
(その数時間後、先輩も無事に下山・・・)






**********【リベンジ富士山 振り返って】**********


予定は未定

この名言通りに、行き当たりばったりな今回の登山でしたが、

リベンジ富士山

この計画に相応しく、ご来光を見ることが出来て、
(高山病が酷かったものの)頂上まで行くことも出来て、
素晴らしい登山となりました!





富士山 また行く?


こう問われればワタシは言うだろう


御殿場口登山ルート以外なら考えてもいい(笑)


いや、マジ酷い!このルート酷い!
もぉ、絶対にこのルートでは登らんっ(>_<)





ちなみにワタシ、今猛烈に日焼けしてます(笑)

帰ってきた翌日から、おでこから皮がむけてきました(笑)
いや、笑えないんですってば(>_<)
ホント、自分で情けないくらいに汚らしい(>_<)とても人様の前に立てないっ!
だから仕事休ませてっ! ・・・ ってのは許されませんがw

高山病だったから、帽子を被っているのが、別に締め付けているわけでもないのに、
どうも帽子が頭を締め付けてくるような気がして、
帽子を被ってなかったのねー(笑)・・・ハハハ(^^ゞ

おでこが真っ赤で皮がむけてきているヒトリグミでしたm(__)m
ご清読、感謝致します♪

↓ 思い出深き富士山と太陽と雲海と、下に見えるのは山中湖 (NO PC処理)
b0117833_2249259.jpg

[PR]
by kichigen-cafe | 2008-07-22 22:54 | 旅路

誕生日だったらしい(笑)


b0117833_20394370.jpg
PEN-FT

先日ようやく終わりました試験、
その試験の数日前に、無事に歳を重ねました。

昔ほど、それこそ若い若い時分よりは、
歳を重ねることに抵抗を感じることがなくなり、
今ではここまで無事に生きてこられたことを感謝するばかりです。

歳を重ねれば重ねるほどに
自分の知らなかった世界がこれから待ち受けているんだと思うと、
むしろワクワクする思いがします。



で、まぁ、試験勉強真っ最中の中でのワタシの誕生日だったので、
あまり特別なことも出来ずでした。
それでも、奥サンには前から気に入っていたグラスを買ってもらったり
ケーキを買ってもらったりして、
誕生日を祝ってもらいました♪感謝感謝です。

で、奥サンからその誕生日のお祝いにと、さらにもらったのは

一枚のCDと、とあるチケット?招待状?でした。

CDは、ワタシたち夫婦がよく行くカフェで売っているもので、
実際にそのカフェでも売っていて、奥サンもそこで買ってきてくれたものでした。

このCD、そのカフェでずーっと流されているんですが、
内容はというと、リュートと呼ばれる古くから伝わる楽器で
とっても心地良い音色を奏でているものなんです。
優しい、癒される感じの音色なんです。
この音色が、このカフェによく似合っていて、
カフェという時間をとてもよく演出してくれているんです。

そのCDだったので、これはもうめちゃくちゃ嬉しかった(^^♪


さらにもらったチケット


RYOSUKE SAKAMOTO Lute Solo Concert


そのカフェで行われる、リュートソロの小さなコンサート!
そのチケットだったわけです(^^♪

先にカフェ情報を載せておきますね。
近くの方は、是非行ってみてください!
(先日、ひよこまめさんが神戸に来たときにはご一緒しました♪)


 cafe & bar anthem  
 カフェ&バー アンセム

b0117833_20403944.jpg

 ● 住  所 : 神戸市中央区海岸通2-3-7 グランディア海岸通4F
 ● 営業時間 : 12:00~24:00(L.O23:00)
 ● 定 休 日 : 無休(年末年始を除く)
 ● TEL/FAX : 078-771-4914
 ● 公式HP 



さて、そのリュートソロ・コンサート当日の昨日、
ワタシ達夫婦は、ほとんど飲めないにもかかわらず、
そのお店の雰囲気に、グラスワインを片手にして、
なんと特等席とも言うべき、演奏者の目の前で、
優しいリュートの音色に耳を傾けました。

決して広くはない店内に、マイクなども一切使わず、
ルネサンス・リュートの持つその音色が演奏者の指で絃を弾くたびに響き渡ります・・・
音色はいつでも優しく、時に軽快で、時に中世ヨーロッパへ導くように・・・


リュートという楽器についての知識がなかったのですが
演奏者である坂本龍右氏より、曲と曲の合間に説明をしてくれました。
リュートという楽器の経緯やリュート専用の五線譜ならぬ六線譜の話、
リュート専用の曲が多く残っていることなど、その説明が非常に興味深く、
うんうんと頷きながら、その音色に聴き惚れていました。

b0117833_20511483.jpg


残念ながら、この夜の写真はありません。
あの小さなお店で、リュートだけの優しい音色の響く中、
シャッター音は無粋でしかありませんから。

CDではなく、生のリュートの音色をこの耳で聴けたことは
極上の時間でありました。
音色に誘われてか、普段あまり飲まないワタシが
ついついワインを重ねてしまいまして、顔が真っ赤になってたらしいです(笑)


あのバッハもこよなく愛したというリュートの音色・・・
皆さんも是非、この音色に触れてみて下さい。
きっと安らぎの時間を得ることでしょう!

妊婦さんには本当にいいかもしれませんね。
ソラさん、是非奥様に♪


奥サン、素晴らしい夜をありがとう。

b0117833_2050912.jpg


追伸:先日書きました富士登山の件ですが・・・

   実はもう間もなく出発です(笑)
   18日早朝には富士山の麓に着く予定にしています。
   同日夕方、山小屋で一泊したら、19日土曜日のご来光・・・

   ただ、台風7号はまだまだ遠くにありますが、雲の流れは既に
   富士山にもある程度の影響を与えています。
   正直19日土曜日のご来光を拝めるかどうか・・・

   それでも行くことにしました。
   仕事の都合上、今年はこの日程でしか行くことが出来なさそうなので・・・
   日頃の行いの良い皆さん、どうぞ「晴れる」ことを祈ってやって下さいm(__)m

   また帰りましたらご報告致します(^^♪
   それでは行ってきます!!!

[PR]
by kichigen-cafe | 2008-07-17 20:51 | kichigen-cafe

リベンジッ!


今年も7月がやってきて、早くも中旬!
資格試験の勉強から解放されたワタシの第一弾大型イベント


リベンジ富士山

b0117833_2038863.jpg昨年麓から見た富士山 頂上に見事なほどの傘雲











昨年、初の富士登山に挑んだ結果、夢破れて9合目で退却・・・
頂上まで残り300メートルだったのに、
まさかまさかの下山でした(T_T)

【詳しく知りたい方、暇な方は、旧ブログでも読んでくださいm(__)m】

昨年の敗因はわかっているのです!

 ① 睡眠不足 ・・・ ほとんど寝ないで登り始めてしまったんです。
            関西を夜中0時頃に出たら、富士山5合目には早朝到着。
            5合目まで来たら、なんだか興奮しちゃって
            ほんの少しの仮眠で出発!
            これがイケなかった(>_<)

 ② 天候不良 ・・・ 富士山5合目に着いた頃には晴れ間も見えていたんです。
            確かに雲は多かったですけど。
            ところが7合目付近で雨が降り始めてしまい、
            8合目~9合目の登山途中には暴風雨ですよ!!!
            山の暴風雨、めちゃめちゃ怖いんですよ!!!
            突風に飛ばされて滑落死するかと思っちゃったですよ!!!

 ③ 高山病  ・・・ ①の睡眠不足による、体内酸素の欠乏と疲労、
            ②の天候不良による、超低気圧の中での登山と疲労、
            この二つが大きく響いて、9合目でザ・高山病・・・
            頭が割れそうに痛いの痛くないのって!痛いんだけど!(笑)
            それでも一泊して快復を待ってみたものの、
            快復の見込みもなく・・・

これらの敗因で、9合目で下山という、かなり残念で屈辱的な結果に終わった初の富士登山!
こんなことじゃ絶対終われねー(>_<) ってことで、

リベンジ富士山

なわけです(^^♪

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*【登山計画】*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

登山者 : ワタシと職場の先輩 以上2名

日 時 : たぶんこの週末・・・天気次第かな~(^^ゞ

行 程 : 阪神高速道路~東名高速道路~西富士道路
       富士山五合目(御殿場口)までは車

ルート : 御殿場口登山道

荷 物 : 防寒着、完全防水レインコート、防水手袋、ちょっとした着替え、
      水、ちょっとした食べ物、甘いお菓子・・・そして!!!

昨年も自分の中でどうするのか迷った、カメラ!

富士山まで行っておいて、「あっち持ってくるんやった~(>_<)」
なんて後悔はしたくないので、

デジタル : D300 + 18-200VRレンズ

フイルム : PEN-FT + G.Zuiko 20/3.5

これで行こうと思います!
デジタルは、これだけでも相当な重量になってしまいます(^^ゞ
登山リュックを持って、このカメラは無謀かな~と思いましたが、
気合と根性です(笑)

PEN-FTには、36枚撮(ハーフなので72枚撮)のフイルムを装填しておいて
予備フイルムを持って行く予定です!

ただ気にしているのは、フイルムを何にするか。
ポジ好きなワタシとしては、ポジ入れることになるでしょうけど、
これをクロス現像するか否か・・・

フイルムに関してご意見をお持ちの方、是非ワタシにアドバイスを!m(__)m

富士山に登ったことのある方、是非ワタシにアドバイスを!m(__)m

「リベンジ富士山」まで残りわずか・・・
体力づくりをなーんにもしてないんですけど、
まぁ・・・なんとかなるだろうと軽い気持ちで頑張ります!

どんな写真が撮れるかわかりませんけど、
いい写真が撮れたら、またアップしてみたいと思います(^^♪

ってその前に、心優しい皆さん!
無事に頂上まで行ける様、祈っといてください(笑)

b0117833_20434598.jpg7/8 夕方 神戸の空
[PR]
by kichigen-cafe | 2008-07-14 20:44 | 旅路

どんどん感染しちゃうんですよ!そりゃもう凄いスピードで(笑)

いや、確かに欲しいって思ってましたよ、ブローニーではなく
普通の35mmフイルムが使えるカメラを。

でも、だからって、今すぐ探していたわけではなくって、
良いカメラに出会う機会があればなぁ~なんて軽い感じだったんです、ホントに。

ところが!

とある悪い方々(笑)に煽られて煽られて
いつの間にやら、ものすっごいハーフカメラが欲しくなってるし(笑)
今、「だぁれ、それ?」って思ったそこのアナタ!
アナタのことですよ!!!(笑)

勉強もしなくちゃならんし、ハーフカメラは欲しいしで、
意思の弱っちぃワタシには正直大変でした(笑)

で、いつも良く行くカメラ屋さんに仕事の昼休みに行ったりすると、
たった1台、ぽつんと置いてあるんですよね~PEN-FTが!

おぉっと!?いきなり買っちゃうのかあ~(>_<)

なーんて思っていると、どうもコンディションがよろしくない・・・
修理などする技術も、お金もないワタシにそれはちょっと・・・(^^ゞ

引き続き大阪でクラシックカメラを扱うお店を徘徊してみるも
残念なことになかなかお目当てのPEN-FTに当たらない・・・

出会えないっつうことは、縁がなかったんやなぁ~って思いまして、
探すのは試験が終わってからにしようーっと・・・って思い始めていた6月半ばも過ぎた頃、
いつも良く行くカメラ屋さんから電話が一本・・・
交渉に交渉を重ねて・・・ゴニョゴニョ・・・



で、今回新たに我家においで下さったのが
b0117833_215350.jpg

 OLYMPUS PEN-FT + F.Zuiko 1.8/38

いつもの店にはまたまた随分と勉強してもらっちゃって、
んで、ついでに叩き売りの様に安く買ったのが
b0117833_2152522.jpg

 交換レンズ G.Zuiko 3.5/20

ただ、この交換レンズに関しては、微量の塵や埃がありますから
クリーニングを依頼しなくちゃいけないかもです(^^ゞ


試験がきちんと終わってから探すつもりでいたのに、
思わぬところから出会ってしまって、手に入れたので、
これはもう大変(笑)

でも、きちんと自分の中で決めました!
試験が終わるまで、本格的な撮影は断じて許さぬ!!と。

本格的な撮影はダメですけど、ホラ、買ったばかりの中古品でしょ、
試し撮りをしないわけにもいかないですやん?
なので、買ったその日のうちにフイルム(24枚撮り)を入れて
仕事の昼休みを利用してガンガン撮ってみました!

うふふ、ナイスな感じです(^^♪
露出計もバッチリ動いているようだし、こりゃイイ~(^^♪



でね~・・・

PEN-FT買っちゃったら、スキャナがないとマズイわけですよ。
だって、現像出来ても、お店でCDデータ化してくれないから(>_<)
そりゃ寂しいでしょ?悲しすぎるでしょ?

ってなわけで、思い切ってスキャナも買っちゃいました!
b0117833_2162975.jpg

 EPSON GT-X970

もう1年も前に、色んな方々に
「スキャナ買ったほうが安いですよ!」「先行投資だと思って!」的なことを言われ続け
それでも何故かずっと「でもなぁ~」と悩んでいたんですが、ようやく買いました(^^ゞ
いや~それにしてもデカイ!デカすぎるだろ(笑)


って手に入れるまでの経緯はどうでもいいですかね?(笑)
まだテスト撮影時の分しかありませんけど、とりあえず写真、いってみよー!



b0117833_219276.jpg
大阪丸ビルにあるタワーレコードさん 


b0117833_219483.jpg
我家の読書スペース ワタシの癒しの場所♪


b0117833_2110132.jpg
これまた大阪です



・・・ハーフ・・・
スキャンがどえりゃあ面倒かも(笑)
ハーフとして考えずに、24枚撮りのフイルムをスキャンしたものとしてスキャニング、
後で、それらをトリミングで切り離し?・・・

まだスキャナの使い方とかもわかってないし
先日友人が、誕生日にとくれた『Adobe Photoshop Elements 6』の使い方もわからんのですけど
これはもしかすると、どえりゃあ面倒なのでは(笑)

「Adobe Photoshop Elements 6」のガイド本をとりあえず買ってきたので、
使いこなせるように頑張ってみます!

あとはスキャナだけ・・・このスキャナのガイド本、何かいいものありません?

ま、めんどくさがりなワタシにはスキャンするのは手間ですけど
それでも気長に楽しみながらやれそうです~(^^♪
[PR]
by kichigen-cafe | 2008-07-10 21:20 | photo & PEN-FT

試験終了


本日、無事に?試験が終わりました!いろんな意味で(笑)

いや~今回は痛感させられましたっ(>_<)
もっと真面目に勉強しなくちゃ、合格なんて出来るわけねーだろ!と(笑)

実は2回目やったんです、受験したのは。

1回目の去年は、まだ勉強し始めてすぐだったので、
試験会場の雰囲気を感じてみようと、軽い気持ちで受けたようなもんでしたから、
1回目の受験と数えていいかもわからないようなもんでした。


で、今回が2回目(のような1回目w)

1回目の試験から、2回目までのこの1年間、
いや~予想以上にカメラに熱中しました(笑)
そのためか(そのせいだろ!w)勉強が疎かになってしまったのはまぎれもない真実・・・
ワタシの気合と根性、集中力と我慢がまったく足りませんでしたm(__)m

全ての勉強範囲が完全に終えることが出来ず・・・
それでもある程度の勉強は終わっていたので、
自分では(それなりに)気合を入れて挑んだつもりでしたが・・・

試験会場にいるまわりの受験生の気迫に圧倒され、思うように集中も出来ず、
午前の部の試験だけで、難解な問題ばかりに疲弊しまくってしまい、
午後の部の試験では、チクタクバンバンをやっているかのごとく焦りに焦ってしまい・・・
一言で表現するなら『惨敗』・・・まさにジ・エンド(>_<)

もちろん、こんなもんで合格するわけもないので
(残念なことにマグレとか偶然なんかで受かるような試験ではありませんw)
再び勉強を始めなくちゃダメってことです。ひえー

リベンジ試験3回目(のような2回目)in 2009

3度目の正直になるように(2度あることは3度ある!にならないように)
ただひたすら国家資格取得のため、平成21年合格目指して頑張ります!!!
ここで誓っておかなくっちゃ、また疎かになりそうなので(^^ゞ
皆さん、叱咤(あんまり多いと泣きます)激励(褒められると伸びる子ですwww)
宜しくお願い申し上げますm(__)m



・・・と、ここまで書いちゃあみたものの、だからと言って
勉強ばかりも正直やってられねーってのも事実でして(^^ゞ

勉強をしながら、
たまには遊びにも行きながら、
ときにはカメラいじりもしながら、
来年も頑張ろうと思います!!!(どれがメインかわかってるのか!?w)

応援コメントを下さった皆さん、本当にありがとうございましたm(__)m
心より御礼申し上げます。
(奥サンにもたくさんの協力を頂きました、本当にありがとうm(__)m
 これから一年もまた勉強の日々で、家事手伝いを疎かにしますが、
 再びご協力宜しくお願いします。)


・・・っと、そりゃそうと・・・

きっと今頃、もみ姐さん主催の
『Photo is ⇒「月島もんじゃ」食べようの会』で盛り上がっているんだろーなー(T_T)
じゅーじゅーやっちゃってんだろうなぁ~・・・
どんなメンバーでワイワイやってんだろうなー・・・いいよな~(>_<)

って思っていたら、ソラさんから盛り上がっているところを
電話もらっちゃいました!ソラさん、ありがとうございます!
思わず嬉しくなっちゃって、興奮気味で忘れてしまっていたんですが、
みんなに電話を代わってもらうんでした・・・ふ、不覚(-_-;)


う~ん!こっちも負けちゃいられないっ(>_<)
さぁて!これから思いっきり遊ぶぞぉー!えい!えい!おー!!


 






















b0117833_20564510.jpg



・・・ |彡サッ



[PR]
by kichigen-cafe | 2008-07-06 21:00 | kichigen-cafe