KICHIGEN-cafe 店主        ヒトリグミ の独り言日記


by kichigen-cafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2007 紅葉


2007 紅葉

カメラを持ち始めてから、二度目の紅葉

今年はどんな紅葉を見て、そしてどんな紅葉が撮れるだろうかと思い、
奥サンと相談の上、京都は一乗寺方面へ

ワタシと奥サンの利害は一致していて、
一乗寺には、詩仙堂という紅葉の名所があり、
また、一乗寺は京都でも有名なラーメン激戦区だ!

ワタシも奥サンも、紅葉も見たいし、ラーメンも食べたい(笑)
花より団子、ならぬ、花も団子も、という具合(^^♪

詩仙堂

 さすが京都の紅葉、週末は人だらけ(笑)
 京都駅からバスに乗って、詩仙堂近くに行くにも一苦労だった・・・
 さらに、当然ながら詩仙堂の中も人だらけ(笑)

 そして、みーんなカメラ構えてるし!
 
 でも、そんな中、カッコイイおじさんもいた!
 ハッセルブラッドを首に2台もぶら下げて、
 撮りまくってた!ものすごい勢いで撮りまくってた!
 
 こっちも負けずに、ローライコード4で撮ってたら
 偶然目があって、思わず会釈m(__)m
 すると、おじさん 「ローライ?」
 と遠くから声を掛けてきた!

 なんだか嬉しくって 「コードの方です!」
 と答えたら、

 おじさん 「うんうん(^^♪」 と笑ってくれたのだった。

 たぶんあの場で、普通にデジタル一眼を構えてても、
 きっと会話にはならなかったと思う。
 そう思うと、ローライコード4はすごい!


 さて、肝心要の紅葉ですが、今年の紅葉はイマイチでした。
 少し早すぎたのかも。この週末が一番いいかなー
 思ったほど、いいものが撮れずでした(>_<)

b0117833_028773.jpg

b0117833_028255.jpg



詩仙堂を出てからお茶をして、少しうろうろしてたら、
(ウロウロの中身はまた後日)
いつの間にか午後3時を過ぎている!!!

お昼もまだ食べていないのに!!!

本当なら焦る必要はないんだけど、
ワタシには詩仙堂とラーメン以外に目的があった。

一乗寺から少し離れてしまうものの、
ずっと行きたいと思いつつ、タイミングや思い切りが足らずに行けなかった場所

大徳寺

理由はうまく説明できないものの、京都で行きたい場所のひとつだった。

大徳寺は敷地が広く、敷地内には多くの院が建てられていて、
どれも歴史のある建物ばかり。

そんな中でも、ワタシが行きたかったのは

大徳寺 総見院

大徳寺・総見院が開いている時間はおおよそ午後4時まで。
どうしても行きたかったので、お腹ペコペコの奥サンには
申し訳ないが我慢してもらって、先に大徳寺へ。

タクシー飛ばしてぎりぎりで大徳寺・総見院 へ。

総見院がどうすごいのか、うまく説明が出来ないが、
とても古い歴史を持つ場所だ。
公式に認められた?織田信長の墓所がある。

建物にも、墓所にも、ものすごく圧倒された感じがした・・・
行ってよかったなぁ~と思えた。

b0117833_0304926.jpg


大徳寺内の他にも多くの院にも行きたいところでしたが、
さすがに時間オーバー・・・

お腹ペコペコ状態で、大徳寺に付き合ってくれた奥サンに感謝m(__)m

バスで急ぎ一乗寺に戻ったら、
ラーメンを食べに!
このラーメン激戦区の中で、ワタシ達が選んだラーメンは

高安

というお店。
夕方の開店からそんなに時間も経たないのに、
お店の前はものすごい行列・・・

行列に並ぶのを好まないワタシに奥サンは
「他の店行く?」
と行ってくれたが、

大徳寺に付き合ってくれたのだ、ワタシが並ばないわけにはいかない!!

根気よく並ぶこと、約50分・・・

いや~ラーメン、うまかった!!!!!

奥サンとも話していたんだけど、
よくよく考えたら、神戸市で並ぶほどのラーメンを聞いたことが無い。
開店直後は行列が出来たラーメン店は聞くけれど、
その後行列は解消・・・

この 高安 のラーメンは並ぶ価値あり!
すっごい美味しいラーメンでした!
さすが、奥サン、いい勘してます(^^♪
[PR]
by kichigen-cafe | 2007-11-30 00:31 | ぶらり京都

ブログをやっていると、

 ・ アクセス数
 ・ リンク元URL
 ・ 検索ワードランキング

なんてものがわかったりするんですよね。

で、今回何気なく気になったのが、検索ワード。
どんな検索をしてワタシのブログに辿り着いているのかなぁ~と見てみると

 ・ 祇園 さヽ木
 ・ 牛や たん平
 ・ 喫茶 月森

など、ぶらりと行った飲食店がやはり多いんですよね。
飲食店の評価などは、皆さんが気になるところなんでしょうね。
しかし、そんな中、飲食店の情報でも何でもないワードが、
二位を大きく引き離して、ぶっちぎりの一位を獲得!

 ・ ローライコード

なんですよね~

確かにローライコードに関して書いているサイトって少なくて、
ワタシもローライコードを手にしたとき、色々調べるのに苦労したものでした。

とはいえ、ワタシのブログでもそんなにローライコードを記事にしてアップしてない・・・
それなのに、多くの人がローライコードで検索をかけてきて、

「全然ローライコードに関して、ええ記事ないやんっ!」

と思われるのも悲しいですし、出来れば役に立ちたい・・・

そう思いまして、何回かに分けて、少しずつなんですが
ワタシのローライコードを紹介しようと思います!
さらに、当ブログ内カテゴリに「ローライコード4」を追加しました!

ちなみに、
ワタシがこのローライコードを手にした経緯は以前記事にしたので
是非読んでください。運命のローライコードなので!
旧ブログ 2007 / 05 / 05 ( Sat )の記事「これを運命として何と言う!?」



ローライコード4に関して、ワタシなりに調べた情報と、
ワタシがとっても参考にさせて頂いているサイトがありまして。

「二眼レフ総合サイト 二眼里程標」

なんですが、ここの二眼に関する情報はハンパなくすごい!!!

で、今回ワタシのブログでローライコード4について書くことについて
どうしても、「二眼里程標」様の情報をお借りしたく、
図々しいながらデータをお借りしたい旨をお願いしましたところ、
快く承諾を頂くことが出来ました!
この場を借りて、二眼里程標管理者様、今回はありがとうございましたm(__)m

というわけで、正直に申しますと、
「二眼レフ総合サイト 二眼里程標」
を見たほうが早いかもしれませんが・・・



以下、ローライコード4に関する情報は、
「二眼レフ総合サイト 二眼里程標」管理人様より転載許可を得て転載しております。
無断転載、転々戴は「二眼レフ総合サイト 二眼里程標」管理人様にも
ご迷惑を掛けることにもなります。ご遠慮頂きます様お願い致します。


b0117833_181262.jpg


ローライコード4  Rollicord Ⅳ

 ★メーカー    Franke&Heidecke フランケ&ハイデッケ
 ★生産国     西ドイツ
 ★生産開始    1953年―1954年
          ※ 1954年からローライコード5の生産に。
 ★ビューレンズ  Heidosmat 75mm F3.2 ハイドスマット 
 ★テイクレンズ  Schneider Xenar 75mm F3.5 シュナイダー クセナー
          ※ 二眼には、見るためのレンズ【ビューレンズ】(上側)と、
            撮影する側のレンズ【テイクレンズ】(下側)があります。

↓ ビューレンズ
b0117833_1861584.jpg

↓ テイクレンズ
b0117833_1863273.jpg

 ★絞り   F3.5~F22
 ★絞り羽根 10枚
 ★シリアルナンバー 1344051~1390999
 
ちなみに、ワタシのローライコード4のシリアルナンバー 1355575
シリアルナンバー通りの生産量だとすれば、46,948台が造られたことに。

↓ シリアルナンバー
b0117833_1872826.jpg




次回は、実際に使用する際に一番大事な フィルムの装填方法 を写真を載せて
解説してみたいと思っています。

ワタシも素人同然で、手にしたローライコード4で勉強しながら撮っています。
ワタシのブログにたまたま検索で訪れた方、
ワタシのわかる範囲であれば、出来る限りお答えしたいと思います。
どしどし、コメント頂ければと思います。

あ、でも、きっと「二眼里程標」様のところに行く方が間違いがありませんよ(笑)

↓ ローライコード4で写した写真です(^^♪
b0117833_18231384.jpg

@ フィンランド ヘルシンキ
[PR]
by kichigen-cafe | 2007-11-25 18:27 | photo & Rolleicord Ⅳ


最近元気な邦画・・・と直前の記事(映画「自虐の詩」)で言ったばかりなんですが、
今回観たのは、洋画!


つい最近、テレビで放送していた

 ・ ボーン・アイデンティティー (日本国内2003年公開)
 ・ ボーン・スプレマシー (日本国内2005年公開)

を観たら、めっちゃめちゃおもしろくって、
今公開してる ボーン・アルティメイタム を観てくるー!!!

と、義理の父・母からメールを受け、
思わずワタシらも金曜日の夜に強引にも2作品を一気に観て

「おぉ!マット・デイモン、めっちゃかっちょええやんかー!」
と興奮して、翌日のレイトショーで、

ボーン・アルティメイタム
公式サイト 

観てきましたよー!!!


いやね、あんなハラハラドキドキもんのアクション映画、
久し振りに観ましたね。

義理の父が、この映画が終わった瞬間、思わず
 拍手喝采!
してしまって、義理の母が急ぎ止めた!(笑)
という、その義理の父の想いがわかる感じでした!

記憶を失くした暗殺者 ジェイソン・ボーン
彼を追うCIA
何故追われるのか、誰がボーンを作り出したのか
謎が少しずつ解け始め、
そして彼は記憶を取り戻す・・・


アクションシーン(カーチェイスシーン含めて)が激しすぎて
まったく目が追いつかない(笑)
それくらい激しいアクションシーンがホントに圧巻で、
観ててハラハラドキドキさせられて、めちゃくちゃおもしろい!

マット・デイモンをあまり知らなかったワタシなんですが、
もうこれは素晴らしい俳優さんだな!と思いましたね。
これからが楽しみな感じ!


ボーンシリーズ3部作の完結編である、このボーン・アルティメイタム
もちろん、まず1部・2部を観てからでないと、観る価値ないし、
たぶんわからない(笑)
ここだけが難点と言えば難点(^^ゞ

アクション映画が好きな方は是非!
そうでない人も、心臓が弱いなどがない限りは是非!


※ 先日、某雑誌のテレビ欄、各番組の俳優さんや出演者の名前が載っているところに
  マット・デーモンって書いてた(笑)
  それじゃ悪魔じゃん(>_<)

b0117833_04988.jpg

[PR]
by kichigen-cafe | 2007-11-23 00:12 | 映画

自虐の詩

フィンランドの話があり、親友の結婚式がありで、
なかなか記事に出来なかったことがあったので、
ここ数日のうちに一気に更新します!



最近元気な邦画、また観てきました!

自虐の詩
公式サイト 

映画の予告編を観て、こりゃおもしろいぞ!と目をつけていたんですよね~
なので、奥サンと観てきました。

原作は、業田良家氏による4コマ漫画なんですが、
この漫画のタッチを見たことがあるような気がするので、
一度は見たことがあると思うんですが・・・そんな感じでしか知りませんでした。

映画はもちろん、4コマで終わるわけにはいかず(当たり前ですね)、
たっぷり2時間、笑わせて頂きました!!

ネタバレしない程度に書きますが・・・

働くことをせず、ギャンブルに金を費やし、ちょっと嫌なことがあれば、
ちゃぶ台をひっくり返し(もちろんちゃぶ台の上にはご飯が・・・)、
酒を呑んでは家を出て、いつ帰るかもわからない、そんな夫 イサオ(阿部寛さん)

その夫を献身的に支え続ける内縁の妻 サチエ(中谷美紀さん)は、
中華料理屋で働く毎日・・・他人から見ればどう考えても不幸なサチエだが、
それでも本人は幸せらしい・・・

そんな二人の物語。
映画前半では思いっきり笑わせて、客の心をがっちり掴んでしまい、
映画後半には、二人の過去をさかのぼり、
そして突然起こった不幸にすらしてしまう・・・(ちょっとホロリときました・・・)
これまためちゃめちゃいい映画でした!

食べ物を粗末にするのはイケナイことですが、
映画のそのちゃぶ台をひっくり返すシーンが何度かあるのですが、
CGを一切使わないその迫力といったら・・・
感動もんですよ!

夫イサオ役の阿部寛さんも、妻サチエ役の中谷美紀さんも、
名演技っぷりで、さすが!といった感じでした!

 そうそう、阿部寛さん、ついに結婚だそうですね!おめでたい!
 どうぞお幸せに!!!


他にも、暴力団組長役に竜雷太さんや、
イサオとサチエと同じアパートに住むおばちゃん役のカルーセル麻紀さん、
名脇役で素晴らしい演技でした!

笑いたいなぁ~って思ったら、是非観てみてください!
絶対損はしないと思いますよ!

b0117833_1922775.jpg

[PR]
by kichigen-cafe | 2007-11-22 19:22 | 映画

親友の結婚式


平成19年11月11日日曜日 15時00分

新郎ちきちきさんと、新婦さんさんさんは、
たくさんの参列者の笑顔と、歓喜にも似た拍手の中、
バージンロードをすすむ・・・
b0117833_23231163.jpg

※ 親友である新郎、そして新婦の許可を得て顔出し写真を使用(撮影者:ワタシ)


その日は朝からまったく落ち着かない自分がいた・・・
挙式は15時からだったのに、今朝目が覚めてからずっと落ち着かない。
思わず掃除なぞしてみる・・・(奥サンはその間に美容院へ)
・・・うぃーんうぃーん・・・落ち着かない(笑)


新郎のちきちきさんとは中学からの付き合いで、誰よりも彼を知っているし
誰よりもワタシを知っている、そんな大の親友だ。

そんな親友の結婚式なのだから、余計なのかもしれない。
こんなに嬉しい気分の結婚式は初めてだ。

そして新婦さんさんさんもとっても素敵な人だ!
親友から新婦を紹介してもらったのは、新郎新婦が付き合い始めてすぐだったから
確か1年半程も前だったかな・・・
紹介してもらって、少し話しただけで、
新婦の人柄の良さと、親友との相性の良さに嬉しくなって
そのとき、ワタシはすぐに「結婚」の話を持ち出したものでした。
それが自分の役割だと言わんばかりに。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

話が脱線するようですが・・・
数年前、ワタシが挙式した結婚式場は、小さいながらもよく出来たところで、
とてもアットホームな式が出来た場所。
担当してもらったスタッフさんをはじめ、
全てのスタッフさんの心配りが素晴らしかった!
それに、お金がなくとも挙式が出来るのだから最適!(ここ重要!)
ワタシが挙式に掛かった費用は約10万円だ。
10万円とはいえ、侮るなかれ!!それはもう最高にいい挙式だったと、
自画自賛するほどです(笑)


 小さな結婚式 神戸北野店 
http://www.petitwedding.com/kitano/chapel.html
 ☆ 住   所 : 兵庫県神戸市中央区北野町2-7-13東急ビル1F
 ☆ 電話番号 : 078-222-9011
 ☆ 営業時間 : 11:00~19:00  
 ☆ 定 休 日  : 水曜日 
 ☆ 交   通 : 阪急線・阪神線三宮駅徒歩7分 JR神戸線三ノ宮駅徒歩7分
 ☆ 地   図
b0117833_14353786.gif
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



話を元に戻しまして・・・
結婚」の話を持ち出すワタシに、

ちきちきさん
さんさんさん 「挙式はいいねん・・・お金もないしなー・・・」
ワタシ      「挙式はね、親孝行なんだよ!自分が挙式してわかってん!
         絶対にするべき!」

そうした話の中で、ワタシが挙式した『小さな結婚式神戸北野店』
同じ担当スタッフさんを薦めてみた。
そして、低額で出来るから、これで挙式しちゃいなよ!と言ったものだった


そして今日、
親友は同じ場所で結婚式を挙げるのだ!




ご両家親族、そして互いの友人が集まった式場には、
誰しもが笑顔で、「二人の幸せを願う」そんな雰囲気がひしひしと伝わってくる
そして、ワタシと奥サンが挙式をしたときと同様、
仕事という枠を超えて、共にお祝いをしたい!
というスタッフさん全員の笑顔と対応が素晴らしい!


そしてワタシは、この親友の素晴らしき晴れの姿を写真として残すべく、
用意された席には敢えて座らず、デジタル一眼を2台、ローライコード4という
3台体勢で、絶好のポジションでカメラを構えた

そして二人の入場・・・

必至になって二人の姿を追いながら、異様なまでにシャッターを切った
写真を繋げたら、動画になるんでは!?というくらいに撮りまくった!
そして、シャッターを切りながら、二人の姿をじっと見ては
嬉しい気分に浸っていた・・・

・・・っと、何か忘れてはいないか?・・・

!? そうそう、浸っている場合でもなかった!
ワタシは親友から新郎側の証人代表を頼まれていたのだった・・・(>_<)

     ※ 証人 ・・・ 新郎新婦が選んだ挙式方法は人前式。
              通常、新郎新婦が、教会や神前において神様や仏様に対し
              愛の誓いをたてるところを、
              人前結婚式では列席者の皆さんに愛の誓いをします。
              そのため、その証人代表が選ばれたりするわけです。

証人は挙式を進行する神父の前まで行き、証人宣言をします。
( 新郎ちきちき、新婦さんさん を夫婦として認めます!みたいな宣言)
ワタシも数年前、この新郎である親友に、証人を頼んだものでした。

証人宣言は式場のスタッフさんが渡してくれるセリフをそのまんま朗読するだけですが、
それとは別に、その場で簡単なお祝いの言葉を話さなければならないのですが・・・

写真を撮ることで頭がいっぱいいっぱいなワタシは、
言いたいことをうまく頭で整理も出来ぬまま、この日を迎えてしまっていまして・・・

とは言うものの、お祝いの言葉を何かメモにしてそれを読み上げるのは
ワタシの性分じゃ似合わないし、きっと棒読みになってしまうだろうと思ってましたから
「ぶっつけ本番!なんとかなるさ!」
そんな感じでした。

証人宣言を済まして、いよいよお祝いの言葉。
短いながらも、今の新郎新婦を見て、思ったことを思ったままに綴ってみました。
頭の中で用意していた言葉の、10分の1も言えずだったけど。

もう一人の証人(新婦の友人)はきちんとメモにお祝いの言葉を書いてきていて、
言葉はうまく纏められていて、良い言葉で短すぎず長すぎず、良い言葉だっただけに、
なんだか恥ずかしい思いでした・・・


幸せな時間はあっという間に過ぎてしまい、
新郎新婦退場のとき、振り返って列席者全員の祝福を受けながら
ゆっくり歩いてくる様は、幸せそのものでした・・・
b0117833_23343459.jpg


あ、そうそう、どうしても書かなくちゃいけないことがあったっけ。
新郎新婦が挙式中に交わした指輪、なんと新郎の手作り!!!
新郎は器用なんだよなー・・・こりゃ嬉しいに決まってるし!コレは撮らなくちゃ!!
b0117833_23345188.jpg





挙式が終わってから、次は祝宴。
披露宴はなく、夕方からの二次会形式(参加費要)の祝宴でした。

ここでもワタシには乾杯の発声という指名が・・・
めっちゃええ挙式見て、もうお腹いっぱいのワタシにこれ以上何を言えと!?
頭真っ白の中で迎えた乾杯・・・

頭の中で思い浮かぶ言葉も、急にはうまく繋げることが出来ぬまま、
やっぱり思ったままをそのまんまに、新郎新婦のお祝いのこととしつつ、
乾杯の発声としました。なんと学習能力のないことを・・・
あらためて、新郎新婦、すまん!!!m(__)m

祝宴は挙式に列席しなかった方々、出来なかった方々も参加して
50人を超す大賑わい!!!
ビンゴゲームをするなどして祝宴会場はヒートアップ!!!
(こういうとき、ワタシには何も当たらない・・・なぜだっ!?)

そして祝宴最後には、新郎の弾き語りでした。
(ここで偶然ながら、とてもいい光景を見ることが出来ました。)

新婦への想い、参加者への感謝の想いを乗せて・・・
  「歌うたいのバラッド」斉藤和義

新郎が歌うべく、アコースティックギター片手に座り、マイクを・・・
・・・あれ?・・・届かない!!アンプ(スピーカー)に繋げたマイクのコードの長さが足りず
このままじゃ、マイクが使えない!?
仕方なく、持ってきていたマイクスタンドに装着することの出来ないコードレスマイクを、
新郎の声とギターの音を拾うべく、ワタシが手に持ち・・・そして・・・

そんな状況では歌いにくいのは当然のこと、
それでもここまで準備してきて、歌わないなんてことは出来ない!
そうすると、新郎の歌いにくい状況を察して、
新婦が新郎に寄り添い、自然と共に歌うという、
なんとも言えず、素晴らしい光景を間近に見ることが出来た・・・
b0117833_23363425.jpg
 
 ♪ずっと言えなかった言葉がある 短いから聞いておくれよ
  嗚呼 「愛してる」♪

新郎と新婦の歌に乗せた、その想いは参加者全員の心に届いたことだろう・・・

そうして祝宴は御披楽喜となったものの、
参加者全員がなかなかお店から出ずに御披楽喜にならないのは、
幸せな空気に包まれたこの会場を、出たくなかったのもしれないなぁ・・・



三次会は希望者だけが残ったが、まさかまさかの人数だった。
三次会なのに、20人を超えたのだ!
二次会近くの雰囲気あるバーで、みんなが思いのまま飲みながら、
新郎新婦と言葉を交わしては、おめでとう!と締めくくった。

翌日が月曜日でほとんどの人が仕事!ということもあり、
短い三次会が終わり、お店の前で御披楽喜となったとき、
偶然なのか必然なのか、新郎新婦、そしてワタシと奥サン、
4人だけになった。

結婚式場を紹介するなど、結婚前から色んな話をし、
相談に乗ってきていたワタシと奥サンにとっちゃ、
図々しくも共に準備をしてきたような感覚だったので(ワタシだけか!?)
なんとなく、この4人が残ったことに、

「あぁ、終わったね、お疲れ様」

そんな感じがした。

「よっしゃー!これから4人で四次会!カラオケ行くぞー!!!」

と、まだまだ祝ってやりたい想いがあって、喉元まで出掛かったが、
新郎新婦の疲労困憊の姿を見たり、翌日のホテルのチェックアウト時間を思えば
そんなことは言ってられず・・・さすがにそこでホントに御披楽喜・・・

でも最後に4人が残ったことは、なんとも幸せなことで、
幸せな気持ちのまま、気持ちの良い御披楽喜をすることが出来た!

(ちなみに翌朝、ワタシは休みを取っていたため、新郎新婦をホテルまで車で迎えに行き
 新郎新婦の大量の荷物を詰め込み、借りていた衣装を返却し、
 新郎新婦の家まで送ってったのであった・・・)





新郎ちきちきさん、新婦さんさんさん、
この度はおめでとうございます!!!

親友の何よりの晴れの佳き日をブログにしました。
記事にしたいと思っていたので、許可がもらえて何より。
まさか顔出しOKとは思わなかったけど(笑)

心よりおめでとう!!!
                                      By ヒトリグミ&げん


b0117833_23455768.jpg

[PR]
by kichigen-cafe | 2007-11-16 00:00 | kichigen-cafe


第6章を読んでから、是非この最終章をどうぞ・・・




フィンランドの長い夜が明けて
今日は帰国する朝・・・あっという間だったなぁ~・・・

17時30分の飛行機なので、ヘルシンキの空港に15時30分に着いていれば
なんとかなる!!

ってわけで、朝早く起きて、まずは美味しい朝ごはんをホテルで食べて
すぐさま部屋に戻ったら荷物の片付け!
だって、チェックアウトしなくっちゃなんだもん!

無事にチェックアウトを済ましたら
ホテル内にある無料のインターネットを使ってちょい調べ物。

ちなみに、奥サンは一昨晩、ここからmixiにアクセスして
日記を更新したりしてました!


この日どうしても行きたい場所が3つ!


① テンペリアウキオ教会
b0117833_23132573.jpg

   スカンジナビア半島からフィンランドにかけて、
   地球で最も古く安定した強固な岩盤質だと聞く・・・それだからこそありえる教会
   そう、この教会はその強固で巨大な岩を刳り貫いて出来ている教会!

   中に入ると、その美しさと厳粛な雰囲気に圧倒される・・・
   (もちろん、無料)
   多くの観光客がいるわりには、あまりに静かで厳かなムード・・・
   カメラのシャッターを切るのさえ躊躇いそうな・・・

   で、躊躇ったのか!?
   いいえ、きっちり撮りましたとも!
   撮らずにはおれませんって!
b0117833_23141731.jpg

  
② マーケット広場
b0117833_23152314.jpg

   昨日行ったマーケットとは違うマーケットがあって、
   そこでは多くの露店が出て、盛況な市場の雰囲気が!!!

   って思って楽しみに行ったのですが、
   この日は残念ながらお店も少なくも無く、多くもなく、
   微妙な感じ・・・想像していた感じとは少し違ってしまいました・・・

   ただし、港の傍にあるマーケット広場なので、
   カモメの数はハンパじゃなかったっす!
   
b0117833_23153920.jpg


③ 連 レンズ・ケイショク・バー
b0117833_2316042.jpg

   ここに来て、日本食かよ!?
   なんてお思いの方もおられるでしょうね。
   そう、その通り、日本食です。

   ただし、ただの日本食ではありませぬ。
   なんと、映画『かもめ食堂』の料理全般をお手伝いした方のお店!
   しかも『かもめ食堂』(店名『Kahvila Suomi』)から歩いてすぐ!
   
   店内は現地の方々ばかり。
   きっと日本食が好きな方々なんでしょうね・・・なんだか意味なく嬉しい気分
   美味しい「豚の生姜焼き」を頂戴しました!
b0117833_23171469.jpg




と、ここでタイムアップでした・・・
もっと時間があるものと思っていたのですが、
この3つ以外にもウロウロと寄り道をして、
ゆっくりゆっくりしていたら、あっという間に・・・

早足でホテルに戻って、預けていた荷物だけを受け取ったら
空港直行便のバスで空港へ・・・






ドタバタとした旅行でしたが、
フィンランドという国に、少し触れることが出来て
とても楽しい旅行でした!

ロバニエミに行くのは、ワタシとしてはオススメできません
オーロラを観るために行くならば、もっと北上すべきです!
その方が確率は上がります!

ワタシも、オーロラはまたいつの日か再チャレンジしなければなりません!

ヘルシンキという街は、きっとまだまだ遊べます!
もうあと一日、二日あれば・・・そう思いました。
もちろん、そんなに大きな街ではありませんでしたけど、
魅力ある素晴らしい街でした!
人も優しく、女性は少しキツイ感じがしましたけど、話してみれば優しくて
治安も良くって、旅行者に優しい国です。

それに、何より森も湖もまだまだ満喫したかった!
きっともう少し暖かい季節に遊びに来たら
森で一日を過ごすのもいいかもしれません!

食べ物は残念ながら良いものに出会えることが出来なかったかなぁ~
それだけが残念なところでしょうか。

もちろん、また行きたい国です。
今度行く時は、暖かい陽射を浴びながら、森を満喫したいものです・・・

フィンランド旅行記、長々とありがとうございました(^^♪

b0117833_23185915.jpg

[PR]
by kichigen-cafe | 2007-11-14 23:21 | 旅路

第5章を読んでから、是非この続き第6章をどうぞ・・・



さて、ヘルシンキ二日目・・・

あ、あまりにダラダラと旅行の話をしてしまってますね・・・
読むのもしんどい記事は記事に値しないのですが、
ここで止めるのも無責任なので、出来る限り簡潔に。

っていうか、正直別の記事(友人の結婚式話)も書きたいワタシ(笑)



朝は早めに起きて、準備をしながら今日一日の計画を練る我ら。

と言っても、今日一日の行動はほぼ決まっているのだ!
今日のメインはなんと言ってもあの名作映画「かもめ食堂」のロケ地を巡る!!!

※ もし「かもめ食堂」を知らない方がいたら、是非レンタルでもして観て下さい。
   きっと、プッと噴出してしまいそうな笑いと、やんわりとした優しい時間に
   癒されることと思います。


ホテルでバイキング形式の朝食を食べた後、
(ヨーグルトやブルーベリーのジャムを塗ったパンなど、めっちゃ美味しい!↓)
b0117833_201044.jpg


まずは『アカデミア書店』内にある『カフェ アアルト』
b0117833_2012781.jpg


ここは映画の中で、小林聡美さん扮する「サチエ」が片桐はいりさん扮する「ミドリ」と
出会い、そしてかの名曲【ガッチャマン】を歌うシーンで使われたところ。

アカデミア書店はとても広くて、天井が高く、中央に吹き抜けがあり、
なんだかとても素敵な書店でした!
b0117833_2015290.jpg


あ、ちなみに、この日は月曜日。
前日日曜日にあったF1ブラジルグランプリで、
フィンランド出身のキミ・ライコネンが優勝し、
今年度のワールドチャンピオンになったっていうんで、
街はそのワールドチャンピオンになった新聞記事で一色でした!
もちろん、書店に新聞も売っており、多くの人が新聞を買い求め、
出入り口には新聞を貼り付けていました!
おめでとう!ライコネン!!↓
b0117833_2021371.jpg


話を戻して、『カフェ アアルト』

とっても雰囲気のある、いいカフェでした!
もちろん、珈琲を注文してゆっくりしましたよ!
映画を観ていることも手伝って、なんだかカフェにいる人達みんなが
とってもオシャレに見えました(笑)

あ、もちろん、ボソッとガッチャマン、歌いました(笑)
♪誰だ!?誰だ!?誰だぁ~!!??♪
b0117833_2042944.jpg


カフェを出たあとは、恐ろしくもひたすら歩きまくって
雑貨屋さん巡り!
ヘルシンキは雑貨屋さんがいっぱい!どれもこれも北欧雑貨の素晴らしいデザイン!
見ているだけでも飽きません!(ユーロが高いので冷かしですが。)

そうしてお昼、もちろん目指すは
『かもめ食堂』(店名『Kahvila Suomi』)
b0117833_2035480.jpg


内装は映画撮影時と少々変わっていましたが、
あの雰囲気そのままという感じでしょうか。
ひょっこり小林聡美さん・片桐はいりさん・もたいまさこさんが出てきそうな(笑)
我らのような日本人観光客がたくさんいる中、現地の方もおられて、
本当に人気のお店なんだな、ということを感じました。

もちろん映画の中でも登場したコーヒー&シナモンロールを注文しつつ、
ランチもしっかり注文して、素晴らしきランチタイム!
シナモンロールもさることながら、ランチが美味しかった!
フィンランドで食べた御飯で一番美味しかったかも!!
b0117833_2041095.jpg



まったりとしたランチタイムを満喫したら
さすがにお腹がいっぱいになってしまい、これ以上カフェには行けない(>_<)
ってなことになり、もうひとつ行きたかったカフェ・ウルスラは断念・・・
帰国する明日、行けるか!?と思いながら。
(結局翌日も時間がなく、少し遠くにあるため行くことは出来ずでした・・・)

港近くにあるマーケットに行ったり、
b0117833_2052210.jpg

さらに多くの雑貨屋さん巡りをして、
さらにさらにスーパーマーケットにも行ったりするなど、
b0117833_2054124.jpg

この日もヘルシンキの街をひたすら歩く!歩く!歩く!


で、歩きすぎで疲れてきた頃、ようやく晩御飯へ

晩御飯は、映画とは無関係なんですが、人気のお店『シーホース』
ここは、美味しい御飯を食べさせてくれる老舗のレストラン!

が、疲れすぎてしまったのか、お腹がめちゃめちゃ減った~って感じでなかったためか
正直、イマイチでした・・・
いや、お店のために言いますが、これは我らが悪いような気もします。
もっと元気でお腹が空いていれば、もっと美味しく食べることが出来たような・・・
b0117833_20641100.jpg




明日は夕方の飛行機でついに帰国・・・ヘルシンキを満喫した、最後の夜でした。。。
b0117833_2085138.jpg

[PR]
by kichigen-cafe | 2007-11-12 20:11 | 旅路

第4章を読んでから、是非この続き第5章をどうぞ・・・



朝早くにホテル(というかコテージ)を出る予定だったため
早朝に起床!狙いはもちろん、朝焼け!!

・・・と思ったら、残念な曇り空・・・

仕方なく着々とチェックアウトの準備を進める我ら・・・

ちなみにこの日は9時のロバニエミ発の飛行機に乗り、
ヘルシンキに行く予定としていたため、
7時30分にはチェックアウト。

このチェックアウト時間は、最初にここに到着したときに、
ホテルの無愛想な女性に伝えたところ、
「部屋はオートロックだから、鍵を室内に残したまま、勝手に帰ってもいいよ
とのこと。
それって、チェックアウトっていうのか!?




こうしてロバニエミの空港に無事到着し、いざヘルシンキへ!!!

ロバニエミではオーロラこそ観る事が出来ず、ホテルには散々な目に遭ったけど
それでも素晴らしい朝焼けに初雪、満点の星空に広大な森と湖・・・
これを自分の目で見る事が出来ただけでも幸せな時間でした!

ロバニエミからヘルシンキへと向かう飛行機
日本国内では見られないことなんですが、なんと自由席
なので、早く搭乗した人から自由に座っていくわけです!
で、ここで奥サンが一言
「(今は曇り空だけど、雲より上に出れば)朝日が見れるかもだよ!
だから東の空が見れるほうに乗ろう!」
と。
なるほど!ごもっともなご意見で!

そんなわけで座った席は東の空を望むことの出来る窓際の席へ!
飛行機の高度はぐんぐん上がり、そして雲を突き抜けたら・・・!!!
奥サンの思惑通り、見事な朝日を見ることが出来ました!↓
b0117833_2363663.jpg


ロバニエミでは悲しくなるほどの曇り空だったものが、
ヘルシンキに着くと、笑顔にさせる晴天でした!日頃の行いの良さってもんです!↓
b0117833_2365115.jpg


荷物を置くためホテルを目指してバスに乗り込むと、
かなり大型バスの運転手さんはカッコイイおばさんでした!
何がカッコイイかって、着ている服装が紫で(ここまでは普通)
両手の全ての指には豪快な指輪!親指から小指まで、両手10本の指全部に!
一見めちゃめちゃ怖そうに見えるけど、ホテルの場所などを教えてくれる、
とっても優しい優しいおばさんでした!
b0117833_2311754.jpg


チェックインしたホテルは
『スカンディック コンチネンタル ヘルシンキ』


ヘルシンキの街の中心からは約1キロほど離れていますが、
室内はキレイなもんでした!
なんたって、ロバニエミではコテージでしたからね、
普通のホテルがなんとも嬉しかった!

荷物を置いて一息ついてから、昼食を食べるために外へ!
外へ出ると、ロバニエミほどではないにしろ、清々しい感じの寒さに包まれて
空気がやっぱり美味しい!!首都なのに空気が美味しくて、緑が多いのはさすがです!
しかも、ホテルの前には池?のある大きな公園!

そしてその公園の樹木はすっかり紅葉しているぢゃないか!!!
まさに黄色の絨毯状態でした!↓
b0117833_237881.jpg


もうこうなったら写真を撮りまくるしかない!
夢中でシャッター切りまくってました!
公園で散歩している子供がかわいいの!↓
b0117833_2371855.jpg


欧米人の子供ってなんでこうもかわいいんすかね~!
紅葉を撮りつつ、子供を撮って、お昼のことなんてすっかり忘れてた二人・・・

写真を撮り終えて一息ついたら、お昼のことを思い出し、
思い出したら一気にお腹が減ってしまって、お店を探す元気と余裕もなくなり、
ヘルシンキ中央駅内にあるフィンランドでは有名なカフェ
 『ROBERT‘S COFFEE』へ

ここでホットカフェラテと、ハムとチーズクロワッサン?を注文!
そしたら、これがすっごい美味しいの!
また食べたくなるほどの美味さ!
写真はありません、だって写真を撮る前に一気に食べてしまいましたもん(笑)


めちゃめちゃ軽い昼食を食べた後には行く場所を決めてました!
フィンランドと言えば 北欧家具や北欧雑貨、北欧食器など、
デザインの素晴らしいブランドがたっくさんある!
その中でも、イッタラやアラビアは有名なところ!
そのアラビアのB級品を取り扱う、アラビア直営のお店があるってんで
これは行かねば!!!と狙いを定めてました!

街中を走るトラムに乗り込み走ること約30分、アラビアに到着~ ↓
b0117833_2373717.jpg


思ったよりも安い商品は無かったのと、
ワレモノなんで持って帰るのが大変!ということもあって、
厳選に厳選を重ねた結果、グラス5個を購入!
はっきり言って、この買い物はお値打ちでした!


再びトラムに乗ってヘルシンキ中央に戻ってきた我々は、
ヘルシンキの街を散策することに!
行きたいお店は山ほどもあったんですが、この日は日曜日。
日曜日だと、当然のようにお店は閉まっちゃうんですよね!
昔の日本のお正月のごとく。
なので、この日は街中にある、開いているデパートやスーパーマーケットなどに!↓
b0117833_238086.jpg




イタリアでもそうだったんですが、
やっぱりヨーロッパの国々は美しい!
石畳の道路は、重厚な歴史を思わせてくれるし、
石造りの建物群は、日本では見ることの出来ない景色に圧倒されます・・・

道路にはトラムが走るための線路(レール?)が敷かれ、
トラム用の電線が張り巡らされ、走る車の多くが高級車で、
闊歩する人々は、大阪や東京のように多くなくていい感じ。

そんなフィンランド・ヘルシンキの街が夕日に染まる・・・↓
b0117833_2381819.jpg





ヘルシンキの街中をめちゃめちゃ歩きまくった我々には
既に通常の思考能力は無くなっており、
晩御飯を食べるためのお店を探すだけの気力も、
閃きもなくなってしまっていた・・・
これが大きな失敗だった・・・
なぜなら翌朝見直したガイドブックには、行きたい!と思わせるお店で
しかも日曜日でも遅くまで開いているお店があったから。

あのとき、まともな思考能力さえ残っていればガイドブックを見直したものを・・・
悔やまれて仕方ないところです。

あ、でも、ホテルに帰ってきてから、1階にあるバーで食べた晩御飯は美味しかった!
思考能力がなかったので写真は撮っていませんが、
フォークとナイフで食べる、大きなハンバーガーでした!
大きすぎて手で持ってかぶりつくことが出来ないほどのボリュームで
とっても美味しく頂戴しました!



食べたら眠くなる、それが人ってもんです!
奥サンは部屋に戻り次第バタンキューで、ベッドに倒れこんでしまう始末。
ワタシまでも同じようなことをしてしまうところでしたが、
残る気力を振り絞り、先に風呂へ

もちろん突然水が出る!なんてこともなく、気持ちよく風呂を上がると
奥サンは寝てしまってました。
相当疲れていたんでしょうね・・・そのまま寝かせてあげることにして、
ワタシも就寝・・・

ヘルシンキ初日の夜は更けてゆく・・・
[PR]
by kichigen-cafe | 2007-11-09 23:12 | 旅路

第3章を読んでから、是非この続き第4章をどうぞ・・・




眠る前は、寒すぎて眠れないんじゃないか?なんて心配もしましたが、
ホテル(コテージ)の布団が思った以上にあたたかくて、
しかも疲れもあって
(日本で朝5時半に起きて、時差マイナス6時間のフィンランドに着いて
 現地時間午前2時頃に寝たので・・・実質丸一日くらい起きていたことに・・・)
意外とぐっすりと眠ることが出来ました。
それでも何度か目を覚ましましたが。

起きると、コテージ全体も随分と暖かくなってきていました。

昨晩は真っ暗だった森の姿や、湖の様子を見ようと
リビングの大きな窓からから外を伺うと・・・
朝日が昇る直前の、この景色でした!↓
b0117833_345633.jpg


思わず窓ガラスに張り付いて3枚ほどシャッターを切って、
デジカメを持ったまま奥サンを起こしに・・・!

奥サンはまだ半分寝ていたのですが、デジカメの写真を見せると
さすがに飛び起きましたね!


奥サンと顔も洗わずとりあえず防寒して
デジタル一眼レフ
(Nikon D50 +  AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G)
と、ローライコード4を手にして外に飛び出しました!

あまりの美しさにシャッターを切りまくって、撮れたのがコレ↓
b0117833_346469.jpg


湖面には、朝日を浴びた雲が映り、森に溢れる朝日が素晴らしかったですね!
これぞ森と湖の国、フィンランドの朝!そんな感じでした!

ちなみにローライコード4で撮った写真は現在現像及びデータ化をしてもらっている最中
どんな絵が撮れているのやら・・・楽しみです(^^♪




朝から顔も洗わずに散々撮影をした後に、急ぎ外出する用意を済ませて
朝食を食べるためにホテル本館に行くと
昨晩いた無愛想な女性はおらず、かわりにとっても愛想の良い男性がいて、
朝食を食べられるレストランを教えてくれた!
朝食はビュッフェ形式で、美味しそうなものばかり!↓
b0117833_3474351.jpg




朝食を食べ終えてからホテルの人にタクシーを呼んで貰って
(ついでに昨晩の照明チカチカ事件も説明して直してもらうようにお願いして)
郊外にあるこのホテルから、ロバニエミの街へ

この街には、正直観光的なところがまったく無くて、
寒い街独特の、少し寂しい感じすらしました。
唯一あったのは、世界最北にあるマクドナルドぐらい(笑)↓
b0117833_348931.jpg



街をぶらりするにもそんなに時間がかかるわけでなかったために、
我々は当初行く予定にもしていなかったサンタクロース村
なんでも、サンタクロースさんが住んでいるらしいです!
いや、マジで!
( 注意!子供の夢を壊すような発言はお控え下さい(^^ゞ )
↓:サンタクロース村にある、サンタさんの人形(笑)
b0117833_358224.jpg



しかしね~自分で夢を壊すなと言いつつも、
どんなところなんやろなーと期待もせずに行ったんですけど、
まぁ、期待を遥かに超えるほどの何も無さ
基本的にお土産屋さんばっかなの!!!
ロバニエミの街中よりもお土産屋さんが集中してるし(笑)
b0117833_3572098.jpg


唯一良かったのは郵便局!↓
b0117833_402260.jpg

サンタクロース村だけの特別な消印を押してくれるっつうもんで、
互いの親へ絵葉書を送りました(^^♪

その絵葉書を書いてる途中、窓の外を見てみると
雪がしんしんと降りはじめ、雪は融けることなく積もり始めた・・・
絵葉書を早々にポストへ投函して外へ出ると
さっきまでなんてことのないサンタクロース村が一面銀世界!
ワタシの住む関西圏では積もるほどの雪を見るってことがなくなっていたので
なんだか新鮮でしたし、今季初の雪でした!↓
b0117833_359101.jpg


バスでサンタクロース村からロバニエミの街に戻ったのはもう夕方でした・・・
晩御飯は世界最北のマクドナルド(笑)
ここで驚いたのは、予想以上に喫煙率が高いということ!
それも子供に!

フィンランドの喫煙が何歳から許されているのか、
そして、子供に見えたけど、実際のところ何歳なのかわからないけど、
まだ小学生か中学生かの子供に見えた!
もしそれが正しければ、小学生か中学生の子供が平気で喫煙しているという事実。
フィンランドの法律ではOKなのだろうか?
それとも、ただの違法行為なのだろうか?
ポイ捨てされたゴミや落書きのないロバニエミの街には
なんだか似つかわしくない光景でした・・・


ホテル(コテージ)に無事に帰ってきても、
雪は降り止むことなく・・・オーロラ観測は断念せざる得なかった・・・
オーロラは雲より上で起こる自然現象であるため、
雲が出ているだけでダメ!まして雪が降ってちゃダメ!

雪は我々が眠る直前(夜中2時頃)までも降り続いていたので、
オーロラは観る事が出来ませんでした。
翌日の朝にはロバニエミを飛行機で南下し、首都ヘルシンキに行くため、
この日の夜が最後のチャンスだったのですが・・・
残念でなりませんね。
そうそう簡単には見ることが出来ないんでしょうね。


そうそう、これはあくまでのワタシ個人の意見なんですが・・・

もしアナタがオーロラを観るためだけにロバニエミに来るのなら
それはちょっと待ってください!
ロバニエミの街には世界最北のマクドナルドくらいしかなく、
サンタクロース村も大したことがないので、
オーロラを観るため!であるならば、さらなる北上をオススメします!
その方が確実に観ることの出来る可能性が高まりますよ!(^^♪


続く~
[PR]
by kichigen-cafe | 2007-11-04 04:09 | 旅路