KICHIGEN-cafe 店主        ヒトリグミ の独り言日記


by kichigen-cafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:旅路( 37 )


さ~て、それではモロッコへの旅第四弾♪
そろそろ読むのも疲れてきましたかね?(笑)
でも、今日がこのツアーのメイン!長いです!頑張って読んで頂ければ幸いです!

 ※ 第一弾 MOROCCO 1 アフリカの大地に立つ
 ※ 第二弾 MOROCCO 2 神の国・マラケシュ
 ※ 第三弾 MOROCCO 3 要塞の村・アイト・ベン・ハッドゥ

More More More
[PR]
by kichigen-cafe | 2008-09-30 20:58 | 旅路

******************* 注 意 ************************
 
旅行記ってね、例えばそろそろモロッコに行くとか、
モロッコっていう国に、すっげー興味があるとか、
そういう人でなくちゃ、読んでもつまらないと思うんですよ。

いや、例えばワタシに、読んでいる人を惹きつけるだけの文才があれば別ですが、
そんなものは微塵もないわけでして(^^ゞ

そんなわけなんで、詳しく詳しく書くことはせずに
覚え書の軽い旅日記のつもりで書き綴っていこうかと思います。
(って言いながら、詳しくなるでしょうけどw)

もし、詳しく聞きたい!っていう奇特な方がおられるならば、
是非コメント欄で、どんどんバシバシ質問してください!
わかる範囲で、出来る限りお答えしますんで♪

**************************************************

さ~て、それではモロッコへの旅第三弾♪
書く文章、まだ長すぎますかね?写真中心でいきますね!
休み休みでいいので、文章も読んでもらえたら嬉しいです!

 ※ 第一弾 MOROCCO 1 アフリカの大地に立つ
 ※ 第二弾 MOROCCO 2 神の国・マラケシュ

More More More
[PR]
by kichigen-cafe | 2008-09-28 02:11 | 旅路

******************* 注 意 ************************
 
旅行記ってね、例えばそろそろモロッコに行くとか、
モロッコっていう国に、すっげー興味があるとか、
そういう人でなくちゃ、読んでもつまらないと思うんですよ。

いや、例えばワタシに、読んでいる人を惹きつけるだけの文才があれば別ですが、
そんなものは微塵もないわけでして(^^ゞ

そんなわけなんで、詳しく詳しく書くことはせずに
覚え書の軽い旅日記のつもりで書き綴っていこうかと思います。
(って言いながら、詳しくなるでしょうけどw)

もし、詳しく聞きたい!っていう奇特な方がおられるならば、
是非コメント欄で、どんどんバシバシ質問してください!
わかる範囲で、出来る限りお答えしますんで♪

**************************************************

さ~て、それではモロッコへの旅第二弾♪

 ※ 第一弾 MOROCCO 1 アフリカの大地に立つ

More More More
[PR]
by kichigen-cafe | 2008-09-26 23:28 | 旅路


******************* 注 意 ************************
 

旅行記ってね、例えばそろそろモロッコに行くとか、
モロッコっていう国に、すっげー興味があるとか、
そういう人でなくちゃ、読んでもつまらないと思うんですよ。

いや、例えばワタシに、読んでいる人を惹きつけるだけの文才があれば別ですが、
そんなものは微塵もないわけでして(^^ゞ

そんなわけなんで、詳しく詳しく書くことはせずに
覚え書の軽い旅日記のつもりで書き綴っていこうかと思います。
(って言いながら、詳しくなるでしょうけどw)

もし、詳しく聞きたい!っていう奇特な方がおられるならば、
是非コメント欄で、どんどんバシバシ質問してください!
わかる範囲で、出来る限りお答えしますんで♪

**************************************************


さ~て、それではモロッコへと旅しましょう♪

More More More
[PR]
by kichigen-cafe | 2008-09-24 21:48 | 旅路

日の没する地の王国へ


関西国際空港に着いて、やっとの思いで飛行機から降りることが出来たら
日本は思っていた以上に秋でした♪

あ、ただいま帰りましたm(__)m 
長らくご無沙汰をしてしまいました。

夏休みをもらってないから、夏は終わらないんだっ!
と先の記事で力説をしていたんですが、
ようやく遅い遅い「秋の夏休み」を頂戴しまして、
ちょっと西の、とある国まで旅してきました。

それがタイトルに書きました、

 日の没する地の王国 

アラビア語で 

 アル=マムラカ・アル=マグリビーヤ(ラテン文字転写による)

More More More
[PR]
by kichigen-cafe | 2008-09-22 17:56 | 旅路

まずは無事に帰ってきたことを、皆様にご報告します!
滑落して擦りむいちゃうことも、落雷でビリリときちゃうこともなく、
無事に帰ってまいりました!


せっかくですので、【リベンジ富士山】の結果報告をさせて頂こうと思いますm(__)m
めちゃ長いんですけど、しばらくお付き合い下さいませ。

文章を書くのがやっぱり下手で、読んでてしんどくなるかと思います。
嫌だったら読み飛ばしても構いませんから、写真だけでも見てやって下さいm(__)m






昨年、天候不良で痛い思いをしているワタシと職場の先輩・・・
なので、今回は、昨年と同じ思いは御免だ!と、天気の良い日時を選びに選んでました。

とは言いつつも、さすがに仕事があるために、早々無茶なことは出来ない・・・

で、17日木曜日の夕方

ワタシ「いつ出発しましょ?」
先輩 「タイミングが大事やからな~」

東海地方の天気予報、夏山天気予報など、あらゆる情報と向き合った上で
近付いてくる台風7号、18日金曜日は曇一時雨ってところに不安を覚えつつも、
19日土曜日の天気が晴れってところに注目!

ここで、ある一案が浮かぶ!

18日昼から登山を開始して、八合目あたりで宿泊し、
19日の早朝、頂上でご来光を見よう!

先 輩「よし!この案で行く!今晩出るぞ!」
ワタシ「オッケーっす!」

ってな具合に決まったわけですな。
ま、はっきり言いまして、行ってから勝負!ってことでした。

奥サンにもその旨をメールで伝えて、17日木曜日は早々に帰宅。
晩御飯を食べて風呂に入り、登山の準備を済ませたら、
仮眠仮眠・・・

多少はウトウト出来たものの、
そんなに簡単には眠ることが出来ず・・・

17日24時半、ついにいざ出発のとき!!!

先輩を迎えに行って、車一台で一気に関西から静岡県富士を目指す!
関西は既に曇り空・・・静岡に近付けば近付くほどに曇り空は酷くなり
富士に着く頃には、 でした・・・

あぁ神様!リベンジはさせてくれないのか!?
あぁ富士山よ!何故登らせてくれないんだ!?

b0117833_2233568.jpg


酷い雨と濃霧であったために、18日昼からの登山は苦渋の断念・・・(>_<)

情報収集のために御殿場市のとあるインターネットカフェで
さらに情報収集をすれば、夕方からは一気に雲が流れて
晴れてくる模様・・・こうなれば19日のご来光を見ることが出来る!!!

こうなったら、もう仕方がない!

18日夕方からの夜間登山に切り替え!
まったく登山ド素人のような我々が、夜間登山とは無謀と知りつつも
やるっきゃない!そう思ってました。

18日夕方、御殿場市から再び富士山御殿場口登山ルート、
五合目駐車場に着いてから、早めの晩御飯を食べて(コンビニ弁当w)
準備を始めるも、なかなか雨は降り止まず・・・

これではさすがに夜間登山は・・・

そう思っていると、ピタッと雨は止んで静まり、
雲は大きく流れ始めて、今までまったく見えなかった富士山が
見る見るうちに姿を現す・・・

b0117833_22334473.jpg

「登っても良かろう」

誰かにそう言われた気すらしたものでした。

こうして出発したのでした・・・


***********************************************************

富士山に登るため、いくつかの登山ルートがあります。
ワタシらは、今回御殿場口登山ルートを選びました。
このルート、標高は他のルートから比べればかなり低いものの
(低いってことは、当然登る距離が長くなるってことですね。)
その分、標高には慣れやすく、高山病になりにくい。

前回短距離ルートである「富士宮口登山ルート」を選んだために
標高約2,400メートルからの出発となり
高山病に悩まされたのです。

なので、今回は
標高約1,440メートルの「御殿場口ルート」を選んだわけですが・・・

***********************************************************




**********【富士山御殿場口登山ルート 新五合目~七合五勺】**********

最初のうちはそりゃもう順調!
夜間登山だったので、道に迷ってしまわないか、それを心配していたんですが
そういう心配もそんなにはなく、ゆっくりゆっくり登って行きます!

途中、雲より高い標高となったときに、美しい満月と遭遇すると、
懐中電灯なんて不要なぐらいに明るい!
こんな月明かりで、昔の人が読書をしたりしていたのが
本当によく理解できるよ!っていうくらいにホントに明るい!

月が明るい分、当然星の輝きは失われてしまったものの、
それでも満点の星空!(残念ながら天の川は見えず・・・)

↓ 月と雲海 (NO PC処理)
b0117833_2234726.jpg

↓ 富士山の頂上と北斗七星 (NO PC処理)
b0117833_2234562.jpg


こりゃある意味、極上の登山ではないかね?
そんなことを思いながら、どんどん登っていく我ら・・・




が・・・




数時間もしてくると、この御殿場口ルートの恐ろしさを知ることになる。
比較的健脚の方向きのルートだと、それは知っていた。
週末でも、そんなに人が多くなくて、登りやすいルートだってことも知っていた。

うん。
そりゃそうだろう。

めちゃくちゃ登山道が長い!長過ぎるやん!!
いつになったら着くんよ?
健脚向き?ハァ?これって、プロ用じゃねぇの!?
意味わからーん(>_<)


って泣きそうになってました。

予定では、19日午前3時頃(18日27時)には頂上に着くだろうと考えていたものの
そんなの、とんでもない!!!

登れど登れど、先は近付いて来る気配もなく、
脚はクタクタになってきて、どんどん寒くもなってくる。
無論、防寒のための準備は万端だったため、
そんなものはどうってことはないものの、
頂上が遠いのは、やっぱりキツイ・・・(>_<)

御殿場口登山ルートの出発地点である駐車場は、
新五合目と言いながら、実際は二合目・・・
しかも、その新五合目から七合五勺までの間、
一切の山小屋は無く、休憩が取りにくい・・・

そう、いわば新五合目と呼ばれる二合目から七合五勺まで、
ひたすら歩かねばならんのだ!
もちろん、途中途中で休憩を挟むもの、やっぱりキツイ(>_<)




頂上予定だった19日午前3時を過ぎても頂上には着かず、
それどころか、七合五勺にも着かないって始末・・・

お前らが遅すぎる(ゆっくり歩きすぎる)んでねーの?

そう言われてしまえばそれまでだけど、とにかく過酷・・・
ヒーヒー言いながら登ってました。

**********【富士山御殿場口登山ルート 七合五勺 ご来光】**********

予定を大きく過ぎてしまい、疲労困憊の中、
ようやく19日午前3時半、七合五勺「砂走館」に到着・・・
先輩共々、思わず着いた~って座り込んでしまいました(^^ゞ

ご来光が見えるのは、午前4時半ぐらいなので、
まだ登れないことはないものの、
疲労回復が先ってことで、ここで少しの間休憩を取りつつ、
ご来光が登り始めるそのときまで、ここで待つことにしました。




ゆっくりと天上の空が明るくなり
太陽に照らされ始めた東の空は オレンジに輝き始める・・・
月は西の空の隅っこで 自分の役目を終えようとする・・・
太陽と月が 共に光を帯びながら混在する 不思議な瞬間だ・・・

↓ オレンジ色の東の空 (NO PC処理)
b0117833_22365942.jpg

↓ 西の空の端っこに 月明かり (NO PC処理)
b0117833_2237382.jpg



雲は 高貴な龍のように流れ そしてたなびく・・・
雲海は その上を歩けるがごとく しっかりとしていて また美しい
↓ 雲海 (NO PC処理)
b0117833_22391969.jpg


感動の瞬間だ 
このためだけに必死になって登ったのだと 言い切っても良かった


ゆっくりとした時間の中で ご来光は我らを強く照らした・・・
思わずカメラを落としそうになりながら
無意識の中で シャッターを押す前に 手を合わせた・・・

ただただ想う・・・

ワタシの家族、ご先祖様、友人、ワタシの全てに関係する方々、
むろん、実際には出会ってはいない皆様方も、
これら全ての命を 今こうして生かして頂けている事に 感謝致します・・・

泣きそうにもなるような そんな感動の瞬間でした。
この瞬間は、カメラには収めきれるものではなく、
このとき この瞬間 ここに居なければ 想うことが出来ないものだと
確信しました。


ただただひたすらに 感謝でした・・・


ハッと気がついて、シャッターを押しまくり撮ってきました!

↓ 平成20年7月19日ご来光(富士山御殿場口七合五勺にて) (NO PC処理)
b0117833_2240653.jpg


**********【富士山御殿場口登山ルート 七合五勺~頂上】**********


七合五勺の山小屋「砂走館」で豚汁を食べて暖まったら
ここからが先輩と相談!

ワタシ「さて、どーします?目的だったご来光、見れましたけど?」
先 輩「せやな。うーん・・・」
ワタシ「脚・・・正直キツイですよね?でも頂上は見えてますよね?」
先 輩「脚キツイけど、行ける所まで登っとく?」

ってことで、19日午前6時半、再び登山開始!


ここからはもう標高が3,000メートルを超えてくるため、
先輩とワタシの登るペースが違ってくる!

なので、別々に登ることに。

と言うのも、三半規管の弱いワタシは、やはり高山病の症状が
少しずつながら出始めていたのだ・・・
これでは先輩の足手まといになりかねない。

なので、別々に登山を開始!

七合五勺から頂上まで、時間にすれば2時間半だと言う。
それなら余計に1時間をみても、3時間半で到着可能だろう!
そう思って登ってみれば、そんなに簡単にはやっぱりいかない!

空気は希薄になってきて、深呼吸をしながら登山しているようなもの。
これはやっぱりキツイ!
昨年、3,300メートル地点までは登っているからわかっているものの
やっぱりキツイもんはキツイ(>_<)

3,300メートルを超えて未知の標高へ・・・
時間はかかってしまうけど、一歩また一歩、確実に頂上に・・・

「ここまで来て、諦められるかっ」

そんな想いだけで、高山病特有の頭痛と闘いながら
必死に、気合と根性だけで登りに登った・・・



登山途中、頂上から下山してくる、見知らぬ男性に

「大丈夫?脚を痛めてるんですか?」と声をかけてもらった際には
「いえ、高山病で頭が痛くって・・・」と返答すると

「あぁ・・・僕が持ってる酸素缶、あげますよ」と。
「そんなそんな、とんでもないっ!」と言えば

「僕が持ってても、家に帰ってゴミになるだけだし。これで頭痛も少しは良くなるから」
と、ワタシの手に持たせてくれるのだった・・・
ワタシは思わずこみ上げて来る涙を堪えながら、

「ありがとうございます。遠慮なく頂戴します」とお辞儀をしたら
「頑張って下さいね!」と声を掛けて下って行かれました・・・



山の出会いは優しいもので、登る人、下る人、それぞれが声を掛ける。

「こんにちは」「気をつけて」「頑張ってくださいね」「あと少しですから」などなど。

きっと街ですれ違っても、こんなことはないのだろうけど、
山は誰しもをそういう風にさせるのだ。
人の温かさを知るというものだ。


そうした助けもありながら、高山病の具合は少し良くなり
ただゆっくりと登る・・・

それでもやっぱり富士山は日本一の高さを誇る!
3,776メートルは伊達じゃない!

登れば登るほどに高山病復活の兆し・・・頭痛が痛い・・・ワタシも痛い(>_<)

テレビで流れていた耳についてた曲を歌って、この痛さを誤魔化そう!

ポーニョ♪ポーニョ♪ポニョ♪魚の子♪~

チクショー!オレ意味わからんっ!(>_<)


って、そんなバカを一人でやりながらも、
高山病でフラフラのまま、やっとやっとやーっと、頂上到着したぞー!!!
バンザーイ!バンザーイ!バンバンザーイ!!

頂上に着くと、誰しも歓喜しこの場所に自分の足で辿り着き、
この場所に立っていることを喜ぶ!
この感動こそ、これまでの苦労を忘れさせるものだっ!




が・・・




残念なことに、ワタシは昨年以上の高山病(笑)
このときは、マジ笑ってられなくって、座り込んで仮眠をしてみたものの、
強烈な吐き気に襲われ・・・(でも吐いてませんよ)

もちろん、頂上を満喫すべく、色々あるんだけど、
(お鉢巡りとか富士山頂上郵便局とか、浅間神社奥宮とか)
とてもカメラなんて持っていられない!(>_<)
思考能力ゼロだし!

それでも、辛うじて、気合と根性で富士山火口だけを撮影(>_<)
↓ 富士山 火口 (NO PC処理)
b0117833_22414966.jpg


で、あとは御朱印帳を持って登っていたので、
浅間神社奥宮で、御朱印だけは頂戴しました(^^♪


**********【富士山御殿場口登山ルート 下山】**********


頂上で先輩と合流すれば、先輩は先輩で脚を痛めていて、
左膝を曲げられないから、ゆっくりでしか下山出来ない(>_<)
ワタシはワタシで、高山病で早く下山したい!(>_<)

ってことで、仕方なく別々で下山することに。

下山は膝と脹脛(ふくらはぎ)にかなりの負担を強いるため
結構キツイものなのだ。

なのに・・・やっぱり下山も長い・・・ムキー(>_<)
下山しても下山しても、まーったく着かない(>_<)


霧で2メートル前も見えない中を ただただひたすらに下山・・・
途中、「下山道、間違って下りちゃってるんでね?」なんて不安になりつつ
仕方が無いからどんどん下りる・・・

不安と疲労と頭痛の中、数時間後にようやく愛車のある駐車場に・・・
(その数時間後、先輩も無事に下山・・・)






**********【リベンジ富士山 振り返って】**********


予定は未定

この名言通りに、行き当たりばったりな今回の登山でしたが、

リベンジ富士山

この計画に相応しく、ご来光を見ることが出来て、
(高山病が酷かったものの)頂上まで行くことも出来て、
素晴らしい登山となりました!





富士山 また行く?


こう問われればワタシは言うだろう


御殿場口登山ルート以外なら考えてもいい(笑)


いや、マジ酷い!このルート酷い!
もぉ、絶対にこのルートでは登らんっ(>_<)





ちなみにワタシ、今猛烈に日焼けしてます(笑)

帰ってきた翌日から、おでこから皮がむけてきました(笑)
いや、笑えないんですってば(>_<)
ホント、自分で情けないくらいに汚らしい(>_<)とても人様の前に立てないっ!
だから仕事休ませてっ! ・・・ ってのは許されませんがw

高山病だったから、帽子を被っているのが、別に締め付けているわけでもないのに、
どうも帽子が頭を締め付けてくるような気がして、
帽子を被ってなかったのねー(笑)・・・ハハハ(^^ゞ

おでこが真っ赤で皮がむけてきているヒトリグミでしたm(__)m
ご清読、感謝致します♪

↓ 思い出深き富士山と太陽と雲海と、下に見えるのは山中湖 (NO PC処理)
b0117833_2249259.jpg

[PR]
by kichigen-cafe | 2008-07-22 22:54 | 旅路

リベンジッ!


今年も7月がやってきて、早くも中旬!
資格試験の勉強から解放されたワタシの第一弾大型イベント


リベンジ富士山

b0117833_2038863.jpg昨年麓から見た富士山 頂上に見事なほどの傘雲











昨年、初の富士登山に挑んだ結果、夢破れて9合目で退却・・・
頂上まで残り300メートルだったのに、
まさかまさかの下山でした(T_T)

【詳しく知りたい方、暇な方は、旧ブログでも読んでくださいm(__)m】

昨年の敗因はわかっているのです!

 ① 睡眠不足 ・・・ ほとんど寝ないで登り始めてしまったんです。
            関西を夜中0時頃に出たら、富士山5合目には早朝到着。
            5合目まで来たら、なんだか興奮しちゃって
            ほんの少しの仮眠で出発!
            これがイケなかった(>_<)

 ② 天候不良 ・・・ 富士山5合目に着いた頃には晴れ間も見えていたんです。
            確かに雲は多かったですけど。
            ところが7合目付近で雨が降り始めてしまい、
            8合目~9合目の登山途中には暴風雨ですよ!!!
            山の暴風雨、めちゃめちゃ怖いんですよ!!!
            突風に飛ばされて滑落死するかと思っちゃったですよ!!!

 ③ 高山病  ・・・ ①の睡眠不足による、体内酸素の欠乏と疲労、
            ②の天候不良による、超低気圧の中での登山と疲労、
            この二つが大きく響いて、9合目でザ・高山病・・・
            頭が割れそうに痛いの痛くないのって!痛いんだけど!(笑)
            それでも一泊して快復を待ってみたものの、
            快復の見込みもなく・・・

これらの敗因で、9合目で下山という、かなり残念で屈辱的な結果に終わった初の富士登山!
こんなことじゃ絶対終われねー(>_<) ってことで、

リベンジ富士山

なわけです(^^♪

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*【登山計画】*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

登山者 : ワタシと職場の先輩 以上2名

日 時 : たぶんこの週末・・・天気次第かな~(^^ゞ

行 程 : 阪神高速道路~東名高速道路~西富士道路
       富士山五合目(御殿場口)までは車

ルート : 御殿場口登山道

荷 物 : 防寒着、完全防水レインコート、防水手袋、ちょっとした着替え、
      水、ちょっとした食べ物、甘いお菓子・・・そして!!!

昨年も自分の中でどうするのか迷った、カメラ!

富士山まで行っておいて、「あっち持ってくるんやった~(>_<)」
なんて後悔はしたくないので、

デジタル : D300 + 18-200VRレンズ

フイルム : PEN-FT + G.Zuiko 20/3.5

これで行こうと思います!
デジタルは、これだけでも相当な重量になってしまいます(^^ゞ
登山リュックを持って、このカメラは無謀かな~と思いましたが、
気合と根性です(笑)

PEN-FTには、36枚撮(ハーフなので72枚撮)のフイルムを装填しておいて
予備フイルムを持って行く予定です!

ただ気にしているのは、フイルムを何にするか。
ポジ好きなワタシとしては、ポジ入れることになるでしょうけど、
これをクロス現像するか否か・・・

フイルムに関してご意見をお持ちの方、是非ワタシにアドバイスを!m(__)m

富士山に登ったことのある方、是非ワタシにアドバイスを!m(__)m

「リベンジ富士山」まで残りわずか・・・
体力づくりをなーんにもしてないんですけど、
まぁ・・・なんとかなるだろうと軽い気持ちで頑張ります!

どんな写真が撮れるかわかりませんけど、
いい写真が撮れたら、またアップしてみたいと思います(^^♪

ってその前に、心優しい皆さん!
無事に頂上まで行ける様、祈っといてください(笑)

b0117833_20434598.jpg7/8 夕方 神戸の空
[PR]
by kichigen-cafe | 2008-07-14 20:44 | 旅路

伊勢へ


『旅行』 で伊勢へ行ってきた!
っていうんならいいんですけどね、
残念ながら、仕事なんです(笑)

しかも、そんな日に限って、関西では稀に見る大雪・・・
伊勢へ行くのを歓迎してくれているのやら、はたまた・・・(^^ゞ


雪はしんしんと降り続ける・・・
b0117833_12334494.jpg



見事な積雪・・・
ちなみに仕事は翌日だったので、スニーカーで行ってました。
さらに、このスニーカー、ビームスで買ったものなんですが、
スエードのスニーカーで、黒色が色褪せることなく長持ちしてます!
普通の黒のスニーカーって、すぐに色褪せしてしまうので、今まで買わなかったんですが、
これを見つけたときは、即買いでした(笑)
b0117833_12344465.jpg



で、この雪の影響で、10日午前の仕事の予定が、夕方に変更・・・(>_<)
これならわざわざ、前日から伊勢入りしなくても良かったのに~・・・
と思いながらも、この空いた時間を有効利用するために、
お伊勢参りへ


外宮(げくう) ・・・ 豊受大御神(とようけおおみかみ)をお祀りしているところ。
           食物・穀物を司る神様です。

外宮(手水舎)
b0117833_15561469.jpg


外宮(式年遷宮御敷地)
b0117833_15565188.jpg




内宮(ないくう) ・・・ 皇室の御祖神である天照大御神(あまてらすおおみかみ) を
            お祀りしているところ。我が国で最も貴く、国家の最高神とされていますね。

内宮
b0117833_1643783.jpg

b0117833_1645036.jpg


内宮(宇治橋)
b0117833_1651218.jpg



外宮には、早朝に行ってきたんですが、まだ人も少なく
前日に降った雪のおかげか、空気が澄んでいて、
樹木から溶けて落ちてくる雪が、サラサラと音を立てて落ちてきて、
素晴らしい音と、独特の雰囲気を漂わせていて、
歩いていて気持ちの良いところでした。

内宮には、外宮の後に行ったので、さすがに人が多く、
外宮で感じたような音を聞くことがなかなかできずでしたけど、
やっぱり頭が冴え渡るような、そんな感じがしました。

外宮も内宮も、もう一度ゆっくり行ってみたいところです。


内宮で見つけた小さな雪ダルマ(^^♪
b0117833_16121428.jpg



そうそう、販売を再開した『赤福』、もちろん買ってきました!
いや~やっぱり美味しかったですよ!
b0117833_16172988.jpg

[PR]
by kichigen-cafe | 2008-02-11 16:19 | 旅路


第6章を読んでから、是非この最終章をどうぞ・・・




フィンランドの長い夜が明けて
今日は帰国する朝・・・あっという間だったなぁ~・・・

17時30分の飛行機なので、ヘルシンキの空港に15時30分に着いていれば
なんとかなる!!

ってわけで、朝早く起きて、まずは美味しい朝ごはんをホテルで食べて
すぐさま部屋に戻ったら荷物の片付け!
だって、チェックアウトしなくっちゃなんだもん!

無事にチェックアウトを済ましたら
ホテル内にある無料のインターネットを使ってちょい調べ物。

ちなみに、奥サンは一昨晩、ここからmixiにアクセスして
日記を更新したりしてました!


この日どうしても行きたい場所が3つ!


① テンペリアウキオ教会
b0117833_23132573.jpg

   スカンジナビア半島からフィンランドにかけて、
   地球で最も古く安定した強固な岩盤質だと聞く・・・それだからこそありえる教会
   そう、この教会はその強固で巨大な岩を刳り貫いて出来ている教会!

   中に入ると、その美しさと厳粛な雰囲気に圧倒される・・・
   (もちろん、無料)
   多くの観光客がいるわりには、あまりに静かで厳かなムード・・・
   カメラのシャッターを切るのさえ躊躇いそうな・・・

   で、躊躇ったのか!?
   いいえ、きっちり撮りましたとも!
   撮らずにはおれませんって!
b0117833_23141731.jpg

  
② マーケット広場
b0117833_23152314.jpg

   昨日行ったマーケットとは違うマーケットがあって、
   そこでは多くの露店が出て、盛況な市場の雰囲気が!!!

   って思って楽しみに行ったのですが、
   この日は残念ながらお店も少なくも無く、多くもなく、
   微妙な感じ・・・想像していた感じとは少し違ってしまいました・・・

   ただし、港の傍にあるマーケット広場なので、
   カモメの数はハンパじゃなかったっす!
   
b0117833_23153920.jpg


③ 連 レンズ・ケイショク・バー
b0117833_2316042.jpg

   ここに来て、日本食かよ!?
   なんてお思いの方もおられるでしょうね。
   そう、その通り、日本食です。

   ただし、ただの日本食ではありませぬ。
   なんと、映画『かもめ食堂』の料理全般をお手伝いした方のお店!
   しかも『かもめ食堂』(店名『Kahvila Suomi』)から歩いてすぐ!
   
   店内は現地の方々ばかり。
   きっと日本食が好きな方々なんでしょうね・・・なんだか意味なく嬉しい気分
   美味しい「豚の生姜焼き」を頂戴しました!
b0117833_23171469.jpg




と、ここでタイムアップでした・・・
もっと時間があるものと思っていたのですが、
この3つ以外にもウロウロと寄り道をして、
ゆっくりゆっくりしていたら、あっという間に・・・

早足でホテルに戻って、預けていた荷物だけを受け取ったら
空港直行便のバスで空港へ・・・






ドタバタとした旅行でしたが、
フィンランドという国に、少し触れることが出来て
とても楽しい旅行でした!

ロバニエミに行くのは、ワタシとしてはオススメできません
オーロラを観るために行くならば、もっと北上すべきです!
その方が確率は上がります!

ワタシも、オーロラはまたいつの日か再チャレンジしなければなりません!

ヘルシンキという街は、きっとまだまだ遊べます!
もうあと一日、二日あれば・・・そう思いました。
もちろん、そんなに大きな街ではありませんでしたけど、
魅力ある素晴らしい街でした!
人も優しく、女性は少しキツイ感じがしましたけど、話してみれば優しくて
治安も良くって、旅行者に優しい国です。

それに、何より森も湖もまだまだ満喫したかった!
きっともう少し暖かい季節に遊びに来たら
森で一日を過ごすのもいいかもしれません!

食べ物は残念ながら良いものに出会えることが出来なかったかなぁ~
それだけが残念なところでしょうか。

もちろん、また行きたい国です。
今度行く時は、暖かい陽射を浴びながら、森を満喫したいものです・・・

フィンランド旅行記、長々とありがとうございました(^^♪

b0117833_23185915.jpg

[PR]
by kichigen-cafe | 2007-11-14 23:21 | 旅路

第5章を読んでから、是非この続き第6章をどうぞ・・・



さて、ヘルシンキ二日目・・・

あ、あまりにダラダラと旅行の話をしてしまってますね・・・
読むのもしんどい記事は記事に値しないのですが、
ここで止めるのも無責任なので、出来る限り簡潔に。

っていうか、正直別の記事(友人の結婚式話)も書きたいワタシ(笑)



朝は早めに起きて、準備をしながら今日一日の計画を練る我ら。

と言っても、今日一日の行動はほぼ決まっているのだ!
今日のメインはなんと言ってもあの名作映画「かもめ食堂」のロケ地を巡る!!!

※ もし「かもめ食堂」を知らない方がいたら、是非レンタルでもして観て下さい。
   きっと、プッと噴出してしまいそうな笑いと、やんわりとした優しい時間に
   癒されることと思います。


ホテルでバイキング形式の朝食を食べた後、
(ヨーグルトやブルーベリーのジャムを塗ったパンなど、めっちゃ美味しい!↓)
b0117833_201044.jpg


まずは『アカデミア書店』内にある『カフェ アアルト』
b0117833_2012781.jpg


ここは映画の中で、小林聡美さん扮する「サチエ」が片桐はいりさん扮する「ミドリ」と
出会い、そしてかの名曲【ガッチャマン】を歌うシーンで使われたところ。

アカデミア書店はとても広くて、天井が高く、中央に吹き抜けがあり、
なんだかとても素敵な書店でした!
b0117833_2015290.jpg


あ、ちなみに、この日は月曜日。
前日日曜日にあったF1ブラジルグランプリで、
フィンランド出身のキミ・ライコネンが優勝し、
今年度のワールドチャンピオンになったっていうんで、
街はそのワールドチャンピオンになった新聞記事で一色でした!
もちろん、書店に新聞も売っており、多くの人が新聞を買い求め、
出入り口には新聞を貼り付けていました!
おめでとう!ライコネン!!↓
b0117833_2021371.jpg


話を戻して、『カフェ アアルト』

とっても雰囲気のある、いいカフェでした!
もちろん、珈琲を注文してゆっくりしましたよ!
映画を観ていることも手伝って、なんだかカフェにいる人達みんなが
とってもオシャレに見えました(笑)

あ、もちろん、ボソッとガッチャマン、歌いました(笑)
♪誰だ!?誰だ!?誰だぁ~!!??♪
b0117833_2042944.jpg


カフェを出たあとは、恐ろしくもひたすら歩きまくって
雑貨屋さん巡り!
ヘルシンキは雑貨屋さんがいっぱい!どれもこれも北欧雑貨の素晴らしいデザイン!
見ているだけでも飽きません!(ユーロが高いので冷かしですが。)

そうしてお昼、もちろん目指すは
『かもめ食堂』(店名『Kahvila Suomi』)
b0117833_2035480.jpg


内装は映画撮影時と少々変わっていましたが、
あの雰囲気そのままという感じでしょうか。
ひょっこり小林聡美さん・片桐はいりさん・もたいまさこさんが出てきそうな(笑)
我らのような日本人観光客がたくさんいる中、現地の方もおられて、
本当に人気のお店なんだな、ということを感じました。

もちろん映画の中でも登場したコーヒー&シナモンロールを注文しつつ、
ランチもしっかり注文して、素晴らしきランチタイム!
シナモンロールもさることながら、ランチが美味しかった!
フィンランドで食べた御飯で一番美味しかったかも!!
b0117833_2041095.jpg



まったりとしたランチタイムを満喫したら
さすがにお腹がいっぱいになってしまい、これ以上カフェには行けない(>_<)
ってなことになり、もうひとつ行きたかったカフェ・ウルスラは断念・・・
帰国する明日、行けるか!?と思いながら。
(結局翌日も時間がなく、少し遠くにあるため行くことは出来ずでした・・・)

港近くにあるマーケットに行ったり、
b0117833_2052210.jpg

さらに多くの雑貨屋さん巡りをして、
さらにさらにスーパーマーケットにも行ったりするなど、
b0117833_2054124.jpg

この日もヘルシンキの街をひたすら歩く!歩く!歩く!


で、歩きすぎで疲れてきた頃、ようやく晩御飯へ

晩御飯は、映画とは無関係なんですが、人気のお店『シーホース』
ここは、美味しい御飯を食べさせてくれる老舗のレストラン!

が、疲れすぎてしまったのか、お腹がめちゃめちゃ減った~って感じでなかったためか
正直、イマイチでした・・・
いや、お店のために言いますが、これは我らが悪いような気もします。
もっと元気でお腹が空いていれば、もっと美味しく食べることが出来たような・・・
b0117833_20641100.jpg




明日は夕方の飛行機でついに帰国・・・ヘルシンキを満喫した、最後の夜でした。。。
b0117833_2085138.jpg

[PR]
by kichigen-cafe | 2007-11-12 20:11 | 旅路