KICHIGEN-cafe 店主        ヒトリグミ の独り言日記


by kichigen-cafe
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

第4章 森に会いに・・・ ロバニエミという街


第3章を読んでから、是非この続き第4章をどうぞ・・・




眠る前は、寒すぎて眠れないんじゃないか?なんて心配もしましたが、
ホテル(コテージ)の布団が思った以上にあたたかくて、
しかも疲れもあって
(日本で朝5時半に起きて、時差マイナス6時間のフィンランドに着いて
 現地時間午前2時頃に寝たので・・・実質丸一日くらい起きていたことに・・・)
意外とぐっすりと眠ることが出来ました。
それでも何度か目を覚ましましたが。

起きると、コテージ全体も随分と暖かくなってきていました。

昨晩は真っ暗だった森の姿や、湖の様子を見ようと
リビングの大きな窓からから外を伺うと・・・
朝日が昇る直前の、この景色でした!↓
b0117833_345633.jpg


思わず窓ガラスに張り付いて3枚ほどシャッターを切って、
デジカメを持ったまま奥サンを起こしに・・・!

奥サンはまだ半分寝ていたのですが、デジカメの写真を見せると
さすがに飛び起きましたね!


奥サンと顔も洗わずとりあえず防寒して
デジタル一眼レフ
(Nikon D50 +  AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G)
と、ローライコード4を手にして外に飛び出しました!

あまりの美しさにシャッターを切りまくって、撮れたのがコレ↓
b0117833_346469.jpg


湖面には、朝日を浴びた雲が映り、森に溢れる朝日が素晴らしかったですね!
これぞ森と湖の国、フィンランドの朝!そんな感じでした!

ちなみにローライコード4で撮った写真は現在現像及びデータ化をしてもらっている最中
どんな絵が撮れているのやら・・・楽しみです(^^♪




朝から顔も洗わずに散々撮影をした後に、急ぎ外出する用意を済ませて
朝食を食べるためにホテル本館に行くと
昨晩いた無愛想な女性はおらず、かわりにとっても愛想の良い男性がいて、
朝食を食べられるレストランを教えてくれた!
朝食はビュッフェ形式で、美味しそうなものばかり!↓
b0117833_3474351.jpg




朝食を食べ終えてからホテルの人にタクシーを呼んで貰って
(ついでに昨晩の照明チカチカ事件も説明して直してもらうようにお願いして)
郊外にあるこのホテルから、ロバニエミの街へ

この街には、正直観光的なところがまったく無くて、
寒い街独特の、少し寂しい感じすらしました。
唯一あったのは、世界最北にあるマクドナルドぐらい(笑)↓
b0117833_348931.jpg



街をぶらりするにもそんなに時間がかかるわけでなかったために、
我々は当初行く予定にもしていなかったサンタクロース村
なんでも、サンタクロースさんが住んでいるらしいです!
いや、マジで!
( 注意!子供の夢を壊すような発言はお控え下さい(^^ゞ )
↓:サンタクロース村にある、サンタさんの人形(笑)
b0117833_358224.jpg



しかしね~自分で夢を壊すなと言いつつも、
どんなところなんやろなーと期待もせずに行ったんですけど、
まぁ、期待を遥かに超えるほどの何も無さ
基本的にお土産屋さんばっかなの!!!
ロバニエミの街中よりもお土産屋さんが集中してるし(笑)
b0117833_3572098.jpg


唯一良かったのは郵便局!↓
b0117833_402260.jpg

サンタクロース村だけの特別な消印を押してくれるっつうもんで、
互いの親へ絵葉書を送りました(^^♪

その絵葉書を書いてる途中、窓の外を見てみると
雪がしんしんと降りはじめ、雪は融けることなく積もり始めた・・・
絵葉書を早々にポストへ投函して外へ出ると
さっきまでなんてことのないサンタクロース村が一面銀世界!
ワタシの住む関西圏では積もるほどの雪を見るってことがなくなっていたので
なんだか新鮮でしたし、今季初の雪でした!↓
b0117833_359101.jpg


バスでサンタクロース村からロバニエミの街に戻ったのはもう夕方でした・・・
晩御飯は世界最北のマクドナルド(笑)
ここで驚いたのは、予想以上に喫煙率が高いということ!
それも子供に!

フィンランドの喫煙が何歳から許されているのか、
そして、子供に見えたけど、実際のところ何歳なのかわからないけど、
まだ小学生か中学生かの子供に見えた!
もしそれが正しければ、小学生か中学生の子供が平気で喫煙しているという事実。
フィンランドの法律ではOKなのだろうか?
それとも、ただの違法行為なのだろうか?
ポイ捨てされたゴミや落書きのないロバニエミの街には
なんだか似つかわしくない光景でした・・・


ホテル(コテージ)に無事に帰ってきても、
雪は降り止むことなく・・・オーロラ観測は断念せざる得なかった・・・
オーロラは雲より上で起こる自然現象であるため、
雲が出ているだけでダメ!まして雪が降ってちゃダメ!

雪は我々が眠る直前(夜中2時頃)までも降り続いていたので、
オーロラは観る事が出来ませんでした。
翌日の朝にはロバニエミを飛行機で南下し、首都ヘルシンキに行くため、
この日の夜が最後のチャンスだったのですが・・・
残念でなりませんね。
そうそう簡単には見ることが出来ないんでしょうね。


そうそう、これはあくまでのワタシ個人の意見なんですが・・・

もしアナタがオーロラを観るためだけにロバニエミに来るのなら
それはちょっと待ってください!
ロバニエミの街には世界最北のマクドナルドくらいしかなく、
サンタクロース村も大したことがないので、
オーロラを観るため!であるならば、さらなる北上をオススメします!
その方が確実に観ることの出来る可能性が高まりますよ!(^^♪


続く~
[PR]
by kichigen-cafe | 2007-11-04 04:09 | 旅路